ワールドトリガー【第174話】ネタバレと感想!もろに騙される三雲w東隊の作戦は!?

前回雨取のメテオラの炸裂でモールが半壊に。フリーザの姿と重ねるパロディなんかもありましたねwそれは置いといて・・

前回終了時点の状況をまとめてみると

前回173話のまとめ
  • 東隊は東隊長と小荒井の2人
  • 玉狛は空閑、ヒュースがモール内に。外から狙う雨取千佳
  • 単独2位まであと3点

玉狛の目的は単独2位に上がることなのでとにかく勝たないといけない状況ですね。話を忘れた方は前回のネタバレもご覧ください。

以下ジャンプスクエア3月号掲載の【第174話、東隊②】ネタバレです。

【第174話、東隊②】ネタバレ

玉狛の作戦は!?

先に動きを見せたのは玉狛。

  • モールの南側(半壊した側)を雨取にカバーさせる(見張り)
  • ヒュースのエスクードで逃げ道を封鎖。そして雨取とは反対の方(北側)から東隊を挟み追い詰めていく
  • 東隊が動きを見せたときに隠れている空閑が狙う

人数の利を生かした作戦だ。

東隊の作戦は!?

東隊長は次の作戦を小荒井、そして前回メテオラでベイルアウトさせられた奥寺にゆだねている・・。

  • ここで奥寺が出した答えは「撤退」
  • 現在の状況を考えると勝てる確率は圧倒的に少なく、被害を最小限にとどめるため
  • 小荒井の性格上、捨て身で攻撃に行きたかったが、勝算も低くやむなく「徹底」の作戦に1票。
  • しかし小荒井は足にダメージを受けており、逃げることができるのか微妙な状況。

ここで東隊長がとった行動はビーコンをコントロールし、南側に動かすこと。相手にプレッシャーをかける作戦だ。

登場人物A

つまり南側に向かっていると見せかけることで相手を誘い、その間にモールから脱出する作戦のように見せる意味もありますし、実際はその裏をかくこともあり得ます。つまりかく乱作戦ですね!

玉狛の動きは?

東隊のビーコンの動きを見た玉狛。

ヒュースははっきりと「まやかしだ」と断定しする。そもそも逃げ道はふさいでいるし,攻撃を継続する考えだ。

三雲はその考えは当然だとするも、さらにその裏をかかれて雨取が狙われるとそこから東隊に逃げられてしまうと考える。

冷汗をたらし,迷っている様子の三雲。ここで三雲が出した指示は「攻撃中止!千佳のサポートに向かってくれ」

 

しかしヒュースはその指示に賛同しない。

 

意見が割れる2人。

そこに割って入ったのが空閑。

「それなら僕が千佳のサポートに回る」と。

その考えに賛同するヒュース。そしてすぐさま攻撃に向かった・・!

登場人物A

結局空閑が雨取のサポートに向かうと、モール内は2対1で玉狛不利な状態へ・・。個人的に三雲のような安全主義の考え方は苦手ですね。読んでてイライラしましたw

東隊長はビーコンの動きで一人だけ雨取のほうに向かったことを確認する。

 

そして動き出していたヒュースが小岩井を発見!足にダメージがあることも確認。攻撃に向かう。

しかしその陰には東隊長の姿が・・!

 

以上【第174話、東隊②】ネタバレでした。

感想

結果的に東隊が仕掛けたビーコンの動きにかく乱された玉狛でしたね。

結局174話の最後では、同じ場所に3人の姿が。つまり、三雲のせいで空閑がサポートに回ったので2-1のやばい状況になりそうです・・。まあかく乱されたのは三雲だけですw

そもそも東隊長がビーコンの動きみてますからねw駄目すぎw

しかしまだ結果はわかりません。ジャンプスクエア3月号にはもう1話掲載していますので気になる方はそちらを確認してください!