2月2日放送のマツコ会議の題材は「コミックエッセイ編集部に潜入!」でした!

>マツコ会議の見逃し配信とその後をチェック!<(2019年2月時点)

「コミックエッセイ編集部に潜入!」のあらすじ!(ネタバレ注意)

コミックエッセイとは?

作者の実体験に基づいた身の回りの出来事や感想をつづった漫画のこと。

有名な作品は例えば・・

お笑い芸人のカラテカの矢部さんがだした「大家さんと僕」これが75万部の大ヒット。

他には「ツレがうつになりまして」こちらも75万部の大ヒットで、また堺雅人さんと宮崎あおいさん主演で映画化されるまでになったそうですね!

出演者は主に4人!今回掘り下げられるのは!?

場所は「KADOKAWA」

1人目は外科医の作家さん「さーたりさん」。医師の日常を描き大ヒットし、3冊目も出版することが決まってるそうです。

しかも作家になるきっかけがアメブロでランク1位を取り声をかけてもらったそうです。つまりアメブロで自分の日常を描いていればもしかしたら作家になれる可能性が!?

ただこの方はあくまで成功した方で、2冊目をだすとなると結構難しいそう。編集者の方曰く「2冊目の壁」が存在するそうです。

そして2人目はぽっちゃり姉妹の日常を描いている「小林さん」この方はsnsでは人気が出たものの1冊目がそこまで売れず、「2冊目の壁」にぶち当たっているそうです。ちなみに今回掘り下げられるのがこの「小林さん」です。

3人目は「シュワちゃん」の漫画を描こうとしている方。これは・・全く興味がわきませんねww

4人目は現役占い師の「卯野さん」占いにきた方の人間模様を描いてるそうで、これは読んでみたいと思いました!実際8冊出して累計8万部の大ヒット!また考え方が若いころの自分と似ているとマツコが言ってました。

やっぱり面白そうなやつは効いただけでピンときますね!

感想

とにかくそれぞれの作家さんに対するマツコのアドバイスが的確で、「成功者の秘訣」だったり「題材の選び方」などすごく参考になりました!

また、読みたいと思ったのが占い師の卯野さんが描いた作品ですね。作者名は「卯野たまご」らしいので気になる方はチェックしてみてください!

次回のマツコ会議は今話題の「Vチューバ―」に密着するそうです!すごく面白そうですね!楽しみにしておきましょう!