毎週土曜日22時30分から放送の3年A組【第5話】のネタバレです。

まだ視聴されていない方はHuluの無料トライアル期間であれば2週間無料で3年A組が視聴できます。その後は933円で動画見放題と値段も格安です。もちろん無料トライアル期間に解約することも可能です。気になる方は公式サイトをチェックしてみてください。

>>3年A組をHuluでチェック!<<

3年A組ー今から皆さんは、人質ですー【第5話】ネタバレ

前回のあらすじ

ついにフェイク動画の黒幕、ベルムズのリーダー岸正文(きしまさふみ)が警察に捕まった。そして、今まで殺されたと思っていた生徒たちは無事であることがわかり、柊先生は生徒たちに全てを打ち明けおうとしたところ、倒れてしまった。

3月4日22時30分

立てこもり事件から4日がたった。

柊先生は、教室で倒れたままだった。準備室では、殺されたと思われていた生徒たちが、美術室のドアを壊し始めた。

その様子を柊のパソコンでみんなで見ていた。すると、力づくで準備室のドアを壊した。

しかし、中尾や里見たちはいない。

準備室を探り出した、生徒。

ロッカーに鍵がかかっていて、生徒は無理やり開けようとした。

すると、「やめたがいい、強引に開けたら爆発するよ。みんなここから出ようか、さもないと爆破する。」

そういったのは、逢沢博己(萩原利久)だった。腕には、柊が持っていた爆破ボタンをつけていた。

内通者は逢沢だった。柊先生に何かあったら託すと頼まれていたそうだ。

しかし、後ろから生徒に取り押さえられ、まんまと爆破ボタンをとられてしまった。

ついに学校から逃げ切れる時がきた!

逢沢はロッカーと床の扉の解除方法を教えるはめになった。

生徒たちは、携帯を取り戻し、外へと連絡をしだす。

兵頭新(若林時英)が親に連絡し、みんな無事だと報告。

柊が倒れたことも告げ、今のうちに警察に助けにきてもらうようお願いした。

SNSに生徒が柊が倒れた情報や生徒が無事という情報を投稿した。

刑事たちも、SNSによって、柊が倒れたことを知った。

床下の扉に、中尾や瀬尾、里見たちがいた。

彼らは、学校から出るつもりはないと話した。

ここに残ってくれないか?とみんなにもお願いした。

柊先生がここまでする本当の理由・目的

先生の目的は何なのか?何がしたいのか?

柊先生の目的は、真実を白日の下にさらすこと。

影山澪奈が殺された真実を。

ターゲットがたまたま影山だっただけで、誰が死んでもおかしくなかった。

そして、まだ事件は終わっていない。第二、第三の犠牲者がでる。

警察では加害者を特定できない。

世間を使ってあぶりだす必要がある。

大勢の人間に興味を持ってもらうことが目的で立てこもりをした。

犯罪をおかしてまで、するのはなぜか?

柊先生は、不治の病で長くは生きられない。

だから、最後の授業をしようと決めた。

大人になる前に何が大切で、何を守らなければいけないのか

影山の事件を通して学んでもらおうと思った。

今までの柊先生の言葉が、生徒一人一人に響いていた。

生徒には柊先生の気持ちが少しずつ伝わっていた。

諏訪がこの事件のカギを握っている

柊は気づいていた。諏訪がカギを握っていると。

岸まさおみと諏訪唯月の出会い

岸の店に、お金が必要だったため雇ってもらおうと諏訪は訪れた。

18ね、、、と嫌な顔されたが、お願いしますと頭を下げた。

そこに、岸まさおみが現れる。

諏訪は「芸能事務上の支度金で200万必要だって言われて。」

岸に「騙されてるぞ、それ。」と言われても

「どうしても、モデルの夢かなえたくて。。。」

すると、岸が「なら、俺の女になるか?」

2人の付き合うきっかけはここからだった。

岸は、唯月にモデルのプロダクションを紹介してあげた。

ある日、諏訪を迎えに学校まで来た岸。

そこで、岸は影山澪奈について、人気あるのか?と尋ねた。

諏訪は澪奈に対して、いなくなればいいのにと口にした。

ほんとにいなくなったりして。」と岸は笑いながらいった。

諏訪は少し不安そうな顔をしていた。

澪奈が自殺した後、岸と諏訪はクラブのようなところで、会っていた。

岸は、「影山澪奈、自殺したんだって。。。あれって実は、、やっぱいいや。」

と意味深な話をし、諏訪にプレゼントと言ってペンダントを渡した。

生徒たちは、学校に残る派と警察に保護してもらう派でもめていた

生徒たちは、柊先生の真実を聞いて、学校に残るという方向で考えていた。

そんな中、「俺は、抜ける」と瀬尾。すると次々に私も、俺もと学校を出たいという生徒が増えだした。

瀬尾を止める甲斐。今出ていったら。警察がなだれ込んできてそれで終わりになってしまう。

学校にどうやって残るのか方法あるのか。威嚇するために爆破。けがをしない程度に爆破。

今爆破されたら、共犯になってしまう、人生最悪になってしまう。と瀬尾。

警察が投入し、生徒はパニックになってくる。

甲斐が、爆破ボタンを押そうとした、その時。

柊先生が復活

茅野が柊先生を連れてきた。

「汚れ役は、おれ一人で十分だ。甲斐、返せ」

柊は、ここから出たいものを尋ねると、5,6人が挙手した。

じゃあ、話し合いをする前に、諏訪がなんの情報を持っているのかそれを確かめてから。

諏訪は、岸を裏切って今の地位を失いたくない。

なんでも手に入る。そもそもフェイク動画のことなんか知らなったから私は悪くない。と。

柊先生の言葉

迷ってもがいて途方に暮れて、それでも正解を求めて前を向く。

進んで進んでダメなら、傷つきながら引き返す。また歯を食いしばって前を向く。

みんなみっともないんだ。恥を繰り返して強くなるんだ。

恥をかかずに強くなれると思うな。

諏訪、お前のこれまでは、誰が何と言おうと絶対に間違ってない。

諏訪は、涙が止まらなかった。

岸からもらった、ペンダントを床に投げつけた。

中から、メモリが出てきた。

全ての責任は俺が持つ。

柊は、生徒たちに信じてもらうために、必死できつい中、警察と対応した。

今回の件(柊が倒れたという情報を漏らしたこと)は、僕の指示だということ。

武器がなくなったので、武器を置いて出て行ってくれと。

警察の近くの爆弾を爆破させ、脅す。

全てを柊自身のせいにして、生徒たちを守ろうとしていた。

柊は、苦しみながら話を続け、SNSにある情報を流すことを宣言。

汗だくになり、立ってもままららない状態で、頭をおさえていた。

瀬尾はここまでする先生の姿を見て、学校にとどまることを受け入れた。

周りのみんなも学校に残ることに同意した。

SNSに乗せたある情報

フェイク動画の顧客リスト

これは、諏訪のペンダントの中に入っていたメモリだ。

そこの顧客リストの中に、魁皇高校教師と書いてあった。

つまり教師の中に犯人がいるということ。

感想

今回の話で、驚いたことは、内通者がずっとビデオを撮り続けていた逢沢だったこと、影山澪奈の事件は自殺ではないこと、犯人疑惑として魁皇高校教師が疑われているということ。まさかの展開で驚きました。諏訪と岸の関係は、なんとなく予想がつく感じでした。モデルをめざしていた諏訪もうまいこと岸をつかっていたのでしょう。柊は、影山が自殺ではなく、殺されたということをどうやって知ったのだろう。柊はどこまで知っててその情報をどこから手に入れているのか気になった。元恋人だった相楽文香とベルムズの関係も気になるところだが、何か関係してくるのだろう。そして、魁皇高校の教師の中に犯人がいるとしたら、、、毎回テレビを意識しているぶっとんでいる武智先生(田辺誠一)ではない気が。。。あくまで予想ですが、水泳部顧問の坪井先生(神尾佑)が怪しく見えます。また、毎回見ていて思うのが、影山澪奈に対しての嫉妬や妬みがすごすぎて、そんなに敵対視するほどなのかと思ってしまいます。ただただ目標に向かってまっすぐ頑張っている姿が輝いていて、うらやましくみえてくるんでしょうね。