鬼滅の刃【144話】ネタバレと感想!善逸と獪岳の後継者にまつわる因縁。産屋敷輝利哉(きりや)とは!?

前回は童磨に首を折られてしまった胡蝶しのぶ。その場にはカナヲの姿が。また、我妻善逸が上限の鬼と対峙!それはかつての兄弟子、獪岳だった・・。

以下【144話、受け継ぐ者たち】ネタバレです。

【144話、受け継ぐ者たち】ネタバレ

その頃炭治郎は?

建物の中を無惨を探して走る炭治郎と富岡義勇。

その時、床が抜け落ちそうになる炭治郎に

「気を抜くな!」と声をかける義勇。

 

無惨が作った建物は生きているみたいで、2人を引き離そうとしてくる。だが他の隊士たちとも合流して無惨のところへ向かわなければ・・。

 

そのとき首に紙を下げた1羽の鴉(カラス)が。

「胡蝶シノブ死亡!!上弦ノ弐ト格闘ノ末死亡ー!!」

と2人にしのぶの死を伝えると炭治郎は目に涙を浮かべた・・。

義勇は鴉の伝達の速さに驚いてるが・・。

産屋敷輝利哉

しのぶの死を伝えた鴉は産屋敷輝利哉(うぶやしききりや)そして妹のくいな、かなたが送ったものだった。その鴉はゆしろうの眼を借りていた。

産屋敷輝利哉は8歳にして産屋敷家の当主となった長男。(黒髪)

3人は鴉にゆしろうの眼を撒かせることで、無惨が作った建物の地図を作成し、さらに無惨の位置や鬼滅隊の位置まで把握しているようだ・・。

そしてそのとき、我妻が上弦と鉢合わせしたことを確認した・・。

登場人物A

産屋敷の子供たちが協力して分析してるようです。おでこにはゆしろうの眼を借りていると思われる紙が。これは鴉の首にもついてます。この力を使って無惨の建物内の状況を把握しているようですね!

我妻善逸VS獪岳

かつて同じ師範(爺)に習っていた善逸と獪岳。立場は獪岳が上だった。

 

「あんたが鬼になったせいで爺ちゃんは腹切って死んだ!!雷の呼吸の使い手から鬼を出したからだぞ!!」

と激しくキレる善逸。

獪岳は

「知ったことじゃねえよ、あれだけ尽くしてやったのに俺を後継にせずてめえみたいなカスと共同で後継だとぬかしやがったクソ爺だ!」

と笑っている。

善逸が「俺がカスならあんたはクズだ!壱ノ型しか使えない俺と壱ノ型だけ使えないアンタ、爺ちゃんがが気の毒でならねえよ!」

と獪岳を挑発すると戦いが始まる!

雷の呼吸で攻撃を仕掛ける獪岳。

すると

「おせえんだよクズ」

獪岳を切り付け善逸。その速さに驚く獪岳。

 

以上【144話、受け継ぐ者たち】ネタバレでした。

感想

今回のポイントは善逸と獪岳の昔話ですかね。雷の呼吸の後継として爺さんに習っていた2人ですが、共同の後継というの事に獪岳が納得いかなかったので鬼になったってことですね。

でとうとう戦い始める2人ですが、獪岳弱そうですw善逸の速さにめっちゃ驚いてますからね。次回瞬殺されるんではないでしょうか。

次回の鬼滅の刃は善逸VS獪岳の決着と見ます!楽しみにしておきましょう!