前回は「鬼とは何なのか」に迫る話と「実験場ラムダの目的」がわかる重要な回でしたね!

今回は【第121話、よかったね】ネタバレです。

【第121話、よかったね】ネタバレ

喜ぶこどもたちにエマは・・

農園をつぶせばいづれ鬼は滅ぶ・・

「つくろう、鬼世界(このせかい)に全食用児の楽園を築こう!」

とノーマンが言うと、子供たちは盛り上がった。

ただエマは少し複雑な様子だ・・。

 

子供たちは

「すごいや!」

「農園さえつぶせば」

「考えもしなかった、鬼たちを全部倒せるかもしれないなんて・・」

と希望に満ちあふれた表情をしている。

 

そこで目的としていた「7つの壁」の話題が出るも

「戦略的に鬼をなくす方法があるのならそっちの方が確実だ」

とレイも農園をつぶしていくことに賛同しているようだ。

 

ギルダも

「よかった、これでもうエマに無茶させずに済む」

と安どの表情だ。

 

結局エマも心の中で迷うな、私の望む未来と考えながら

「よかった、よかったね」

と子供達を抱き寄せた・・。

ノーマンがアジトを案内

「みんなお部屋を用意したんだ、案内するよ」

とノーマン。

アジト内を動くと、ノーマンの姿をみて

「えっ、ミネルヴァさん!?」

「なんでボスがこんなところに!?」

と皆が驚いている様子。普段はノーマンが部屋にこもっているからだ。

 

部屋につくとふかふかのベット、でっかいリビングなどとても豪華。

あまりの嬉しさに子供たちもノーマンとじゃれあっている。

そのとき遅れてきたハヤト、そしてアンナ達も到着するとノーマンの姿に涙を流した。

豪華な食事

用意されたのはとても豪華な食事。

「こんなにたくさんたべていいのかな・・」

「ちゃんと他のみんなの分もあるの!?」

と驚くが、

「遠慮しないで召し上がれ」とノーマン。

そしてみんなはご飯を食べ、いっぱい話をして、遊んで、夜になるとエマ、レイ、ノーマンは同じベットで眠ってしまった・・。

 

以上【第121話、よかったね】ネタバレでした。

感想

とにかくアジト内のあまりの豪華さは気持ち悪いくらいです。疑い深い僕はなんかノーマンが怖く見えてきます・・。漫画もそういう演出で書かれているのでしょうか?

また農園をつぶし楽園をつくろうと語るノーマンに、レイも含めたみんなが賛同している姿に、エマが複雑な様子です。

何か違和感を感じているのか、それとも7つの壁を目指すことを断念することに複雑な気持ちを抱いているのかの2択だとは思いますが・・。この辺は次回の展開が重要かもしれません。

次回の約束のネバーランドは月曜日が祝日なので、2月9日土曜日発売の週刊少年ジャンプに掲載予定です!

また現在最新刊12巻が発売されています。ユーネクストで無料で読むこともできますので(2019年2月時)気になる方は以下をチェックしてください!

またアニメの約束のネバーランドもかなり見ごたえあります!こちらはアマゾンプライムの無料期間を使うと放送された全話が視聴できるので気になる方はチェックしてみてください!

>>Amazon Primeで約束のネバーランドをチェック<<