ドクターストーン【第92話】ネタバレ、感想!新たなシェフ、フランソアが復活!むしろ執事!?

前回はパン作りに必要な小麦を農耕によって増やすことに成功!しかしパンを作ったもののゲロまずの黒い塊のパンが出来上がる・・。そこで千空と龍水はシェフを復活させることを決意した!

以下【第92話、欲しい=正義】ネタバレです。

【第92話、欲しい=正義】ネタバレ

龍水の叫び

「欲しい!!」

「プロのシェフが欲しい!!」

と尋常なほどにシェフを欲しがっている龍水。

しかし千空いわくすでに石化復活液の在庫が切れているらしい。

これを聞いた龍水だがひとつ心当たりがあるらしい・・・

記者に迫る!

龍水は女記者に迫る!

「貴様は石化復活者の選定員だったんだろう?一人分ぐらいはガメる機会はあったはずだ」と。

さらに記者にとっては復活した後すぐに話を聞きだせる魔法の水。

「私が持ってるわけないでしょう」

ととぼけるが、ここであさぎりがけしかける!

「ええそんなものまで作れんの!!?記者にゴイスーなプレゼントがあるってさ!!」

と千空との電話で勝手に話を作り出す!

するとそれが気になった記者・・

隠し持っていた復活液を取り出した!!!

新たなキャラは?

記者たち(龍水はいない)が向かった先は龍水を見つけた場所。

「起こすならフランソアだ」

と龍水には決めている人がいるらしい。

 

フランソアとは龍水の執事兼シェフだった人物で、食事はもちろんサービス全てをとり仕切るもてなしの美学を知るプロ!

 

そして石像をみつけ復活したのは男か女かもわからない執事!

「どなたか七海龍水様をご存知じゃありませんか?すぐに探しに向かわなくては」

というとスタスタと歩き出した。

フランソアのパン作りへ!

スタスタと歩いていたフランソア。

2日間歩き続け、いつの間にか龍水たちがいる場所へ到着!

つくや否や

「パンの完成品を拝見します」

とすでに情報は頭の中に!

もちろん黒焦げボロボロのパンを見て一瞬固まるフランソアだが、早速パン作りに取り掛かる。

その前に千空にメニューの目的、要望をたずねる。

すると

長期航海の保存食だからな。腹持ちのいい食えるレベルのパン。10カ月腐らなければそれでいい」

ここでフランソアが提案したパンは

ヤギの恵みのシュトーレン!

シュトーレンとはクリスマスに長期保存しながら食べる菓子パンだ。

皆で作業に取り掛かる!

  • ヤギの乳からバターを作り出す
  • 乾燥させたフルーツをアルコール漬けに
  • パンをこねる
  • 千空が作ったかまどで焼く!

そして

「全ての欲しいにお答えするのが私共の仕事、欲しい=正義です」

とフランソア。

出来上がったのは現代の有名パン屋と遜色のないシュトーレン!

パンを手に入れた!

 

以上【第92話、欲しい=正義】ネタバレでした。

感想

今回はとりあえず記者がセクシーだなと思いましたw

あとは新たなキャラのフランソア。とにかくどんなことでも完璧にこなすめちゃくちゃ優秀なキャラ設定です。男か女かわからない設定みたいです。

シェフ目的で復活させたフランソアですが、今後はむしろほかのことでも活躍していきそうだなと思いました!

さてパンが完成したわけですが、次は何するんでしたっけ?w油田探しに飛び立つのかな?次回はまた新たな展開に進んでいきそうですね!

次のドクターストーンは月曜祝日のため2月8日金曜日発売の週刊少年ジャンプ掲載予定です!