ダイヤのエース【第155話】ネタバレ、感想!沢村から川上へピッチャー交代!活躍なるか!?

前回は調子の上がらない沢村に代わりにマウンドに上がった川上。流れを変えることができるのか!?という場面でフロントドアを投げストライク!

また、U-NEXTの31日間無料トライアルを利用すると、最新の週刊少年マガジンを無料しかも2冊分読むことができます!ネタバレ前に読みたい方は公式サイトをチェックしてください!⇒>>ユーネクスト公式サイト<<

以下【155話、本気の青道】ネタバレです。

【155話、本気の青道】ネタバレ

川上の活躍

4回表、1アウト1塁、由良総合の攻撃。

すでに9番バッターをセカンドフライに仕留めていた川上と御幸のバッテリー。

次のバッターは伝家の宝刀、シンカーで空振り三振

見事に由良総合の流れを断ち切る完璧リリーフとなった。

青道ベンチもいい雰囲気でナインを迎え入れる。

そんな先輩の様子を見届けた沢村はダウンに向かった・・。

青道の攻撃!反撃なるか?

相手監督はピッチャー東山に対し

「前の回はうまくいったがあまりストライクゾーンにスライダーを集めるなよ」

とあくまでスライダーを意識させるだけだという指示を送る。

 

そしてバッターは御幸。

東山の初球。

内角にわずかに外れるスライダーでボール。監督の要求通りだ。

しかし監督は

「いやな見逃し方しやがる」

と感じていた。

 

このときピッチャーの東山は頭の中で思い出していた。

2年前じゃ考えられなかった。

監督から与えられたものは考えること、覚えることも多く密度の濃い練習にへとへとだった。

でもその成果がこれだろ?あの青道が本気で牙剥いて向かったんだ。たまんねえ。

 

そうして放ったボール。

御幸が強振!!

打ったボールはセンターバックスクリーンへ!

ホームランでとうとう同点!

 

以上【155話、本気の青道】ネタバレでした。

感想

川上のナイスピッチング&御幸のホームランという完ぺきなコンビネーションで由良総合へ傾いた流れを完全に断ち切りましたね。

読んでいてもう完全に青道の勝ちでしょう!と思わせるくらいの雰囲気がありました。

しかし一応まだ同点。由良総合がどんな反撃を見せるのか、というか相手監督がどんな作戦でくるのかというのは気になるところではあります。

次回の話は結構気になりますね・・次の週刊少年マガジンは2月13日発売!もちろんダイヤのエース掲載です!楽しみにしておきましょう!