ゴールデンカムイ【189話】ネタバレ、感想!谷垣とキロランケの争いその後!鯉登たちが合流!

2月14日発売週刊ヤングジャンプ掲載のゴールデンカムイ【189話、血痕】のネタバレです。今回は谷垣と月島の争いの後の話ですね。

前回【188話、生きる】のあらすじ

前回はとうとう杉元が尾形とアシリパのもとへ到着!驚いたアシリパは思わず矢を放ってしまい尾形に刺さってしまう・・。しかしこんなところで死なせてたまるかと、杉元が尾形を救う。そして杉元とアシリパは感動の再会を果たした・・!

詳しいネタバレは前回の記事をご覧ください。

また、ゴールデンカムイやキングダム掲載の週刊ヤングジャンプはユーネクストの31日無料トライアルでもらえる600ポイントを利用することで無料で読むことができます。(2019年2月時点)ユーネクストをまだチェックしていない方はお早めに!

【189話、血痕】ネタバレ

杉元とアシリパが再会した数分前

横たわる谷垣のもとに鯉登と月島が駆け寄る。

「誰にやられた!?」

すると谷垣は

「キロランケだ、あの野郎・・」

と起き上がろうとする。何とか生きていたようだ。

「起き上がるな、あとは俺たちがやる!!」

と月島。

すると地面には血の跡が続いている・・!

鯉登と月島はその血の跡を追った・・。

血の跡の先には・・!?

そこには谷垣の銃が落ちていた。

鯉登がその銃を拾い上げる。

「何だ?このヒモは」

その瞬間大きな爆発が!

いち早く爆弾の存在に気づいた月島は鯉登をかばう・・!

 

爆発の音はキロランケや杉元、ウイルクのところまで響き渡る。

 

「月島ァ」

と声をかける鯉登。

月島は血だらけだが意識もあるようだ。

1人で立ち上がる鯉登に

「1人で行くな!」

と声をかけるが、鯉登は怒りの表情で血の跡を追い始めた・・!

いよいよキロランケの登場!?

鯉登が進んでいくと、血痕が途切れてしまった。

「足跡もないぞ、海に落ちたか?」

と地面を調べている・・。

すると後ろの岩の陰から銃を構えたキロランケが現れる・・!

その瞬間!

さらにキロランケの後ろの海からアザラシが現れる!!

その音で振り返った鯉登!キロランケの存在に気づく!

銃を刀ではじきもみ合いに!

そして殴りあう二人!

キロランケが鯉登を倒し、ナイフで腕を貫く!

「おぉおのれよくも、私の部下を!!」

その瞬間鯉登はキロランケの腹に刺さっていたナイフを引き抜き、キロランケの首を横から刺した・・!

 

以上【189話、血痕】のネタバレでした。

U-NEXT

感想

今回は谷垣とキロランケが争った後どうなったのかな?と気になっていた内容の続きでした。どちらか死んでるやろと思えるほど激しい争いでしたが、どちらも生きていたようですね。

またキロランケは腹にナイフを刺したまま動くとはなかなかのつわものです。ちなみにこのナイフは谷垣が「網走監獄の忘れ物だ」とインカラマッがやられた腹と同じとこに刺したナイフです。

最後にはそのナイフが鯉登の助けになるという素晴らしい流れでしたね!

さあこれでいよいよ全員が合流するという形になりそうですね。次回のゴールデンカムイも見逃せません!

次回の週刊ヤングジャンプは2月21日発売ですね!楽しみにしておきましょう!