前回はB.Jの今後に向けてのルールの解説。そして空手家甲斐との戦いに向けて、いっちが早速ドロップキックをお見舞いしたところで終わっていました・・

今回はバトルシーン満載の空手家の甲斐との戦いです。ユーネクストの31日間無料トライアルを利用すれば600ポイントを使って最新の週刊ヤングジャンプも無料で読むことができますのでチェックしてみてください。

以下【27話、地球の裏の格闘技】ネタバレです。

【27話、地球の裏の格闘技】ネタバレ

ドロップキックのダメージは!?

「負けられない絶対」

ドロップキックをお見舞いしたいっち。

ふらつく甲斐。

しかしすぐさま強烈な下段回し蹴り(ローキック)を返してくる!!

何とか防御するいっちだが

「全然違う・・!!」

とあまりの強烈さに驚く。

 

その時「そうだもっと離れなきゃ」と相田君の教えを思い出すいっち・・!

相田君の教え

相田君曰く、

空手の「一つのスタイルである実践派」は近い距離で攻防するが、手による顔面への攻撃を禁止している。

つまり近距離での顔の防御は通常しない。

導き出した戦い方は「距離を取りつつ顔面にマッハパンチを打ち込む

 

そしていっちが広田先生に習っていたのは「アスフィシアンテ」

アスフィシアンテとは

意味は窒息させる。鼻、喉を狙う直突き。

見事に命中。

しかし我を失った甲斐。

普通に顔面に攻撃をしてくる!

ここでまた相田君の教えが浮かぶ。

「この対抗策はあくまで空手をしてくる者」

するといっちはあえて空手の技を繰り出すことで、我を失った甲斐に空手をするよう仕向ける

そしてまた相田君の教え。

「やるなら相手のスタイルにない技を使う、これは勝負における必須」

いよいよカポエイラVS空手の勝負に!

カポエイラVS空手

いっちの動きに戸惑う甲斐。

するといっちは甲斐の正拳突きをクチラーダで受け止める

そしてそのまま受け流しアルマーダ!!

見事甲斐の顔面に的中!

 

以上【27話、地球の裏の格闘技】ネタバレでした。

感想

いっちの戦いと相田くんのアドバイスが見事にマッチした戦いでした。やはり相田君は重要人物でしたねw

B.Jの解説もありつつ、目まぐるしく展開が変わるバトルシーンですごくおもしろかったですね。これはマンガで読まないと伝わらないかと思います。

いっちの攻撃が見事にヒットしましたが、次回甲斐の抵抗があるのか楽しみなところですね!次のバトゥーキも楽しみにしておきましょう!

また現在バトゥーキの1、2巻が発売されてます。ユーネクストを使って無料で読むこともできるのでチェックしておいて損はないと思います!(2019年2月時点)