リクドウ【226話】ネタバレ、感想!ついにリクと江原先生が再会!?

前回は王者デイヴィッドと江原先生にとって必要な存在が「リク」であることを確信する話でした。

以下【226話、再会】ネタバレです。

【226話、再会】ネタバレ

なぜリクが江原先生のもとに!?

リクは夜行バスの中にいた。

向かっているのは江原先生の地元・・。

その中で自分に江原先生に会う資格があるのか、どんな顔をすればいいんか悩んでいた・・。

 

その頃苗代は三原の家に。

そこで明かしたのは江原先生の家族からリクに今すぐ来てほしいという連絡が来たこと。

しかしなぜ苗代はついていかなかったのか。

それは

「江原先生がリクを忘れてることに安心している自分がゆるせなかったから・・」

と複雑な胸の内を語った・・。

到着したリク

江原先生の地元に到着したリク。

しかし1本早いバス出来てしまった。

そこで神社の階段があることを見つけると、トレーニングのため、そして何かを吹っ切るように走り出した・・。

 

家族に伝えられたことは

「江原先生がリクのことを覚えていないこと」

「反応を見ながら誘導していく感じで接してほしいこと」

そんなことを思い出しながら走っていたリクは

「おかしいな・・もう足が動かない」

とそのとき!

リクはすべって階段から落下してしまった・・!

 

眼を閉じ暗闇の中にあおむけに倒れているリク。

指が反応しケガがないことはかわかるが全く体が動かない。

「僕はリングを降りたいよ」

以前叫んだ言葉が頭に浮かぶ。

そして目を開けると・・

「大丈夫?」

そこにいたのは江原先生だたった。

 

以上【226話、再会】ネタバレでした。

感想

かなりの急展開でしたね。すでに家族に呼ばれ江原先生のもとへ向かっていたリク。さらに目を覚ますとそこには江原先生の姿。

思わぬ形で再会した二人ですが、この後どんな展開を見せるのか気になるところです。

とにかくリクの心の中は迷いに迷っています。江原先生との出会いで展開としてはいい方向に向かうと思うのですが、「ボクシングをすることが江原先生の病気を治す手段」という流れになりそうな気がします。

次回のリクドウは江原先生と再会したリクがどんな反応を見せるのかわかる話。すごく楽しみですね!

次回のヤングジャンプは2月14日発売予定です!