前回は会長の作戦も終了し、かぐやとアメリカへ行くことが決定!?しました。かぐやからキスのサービス付き。

以下【127話、秀知院後夜祭】ネタバレです。(過度なネタバレは避けてます)

【127話、秀知院後夜祭】ネタバレ

その頃石上は・・

文化祭も終わろうとしている。

石上はつばめに

「先輩、劇良かったです」

と声をかけるも、心の中ではこの後夜祭で告ろうと思っていただけに失敗したな・・と落ち込んでいた。

するとそこに落ちている一つのハートのペンダントを見つける。

その頃早坂は・・

早坂はそばで話している子たちの話を聞いていた。

「もしかしてあの時計台のうえに怪盗いるんじゃない?」

「ハートのバルーンが屋上に向かうように風向きを考えてキャンプファイヤーの位置とかきめたんじゃない?」

「誰かに告るためのシチュでしょ」

「そもそも時計台の鍵を持っているの先生か生徒会の人たちくらいで~」

早坂はショックを受けていた。

そのころ校長と桃は・・

学校中のハートの風船を集めて大きな風船に入れるよう白銀に頼まれていた桃。

いきなりかぐやの推薦状を書くように白銀に頼まれていた校長。

2人はぐったりと疲れていた。

「あいつ時々無茶するよな」

と声をそろえた。

その頃藤原とマスメディア部は・・

・・

未だに謎を追い続けていた。

するとまさかの隠し部屋を発見!

かれんが双眼鏡で外を覗くと・・

そこには白銀とかぐやがキスをする姿が。

「かれん!?」

口から血を流し倒れた。

その頃マキは・・

「みーんな燃えちゃえばいいのにねえ」

キャンプファイヤーのそばでいちゃつくカップルを眺めていた。

その頃ミコは・・

石上がミコのもとへやってくる。

「渡したいものがある」

そして出したのは先ほど拾ったハートのペンダントだった。

びっくりするミコ。

しかしただ風紀委員のミコに落とし物を届けに来ただけだった・・。

とおもいきや

「キャンプファイヤーみんなすげえ喜んでるから」

と撮った写真を渡した。

「お前は見ておくべきだと思って」

と石上。

するとミコは笑顔になり、

「ありがと石上、皆笑顔だ、嬉しいね石上!」

と喜んだ。

 

以上【127話、秀知院後夜祭】ネタバレでした。

感想

それぞれのシーンが笑えましたが、個人的には倒れこんだかれんのシーンが笑えましたw

校長もいい味出してますがw

今回の127話で文化祭と2つの告白編が完結となります。次回のかぐや様に告らせたいは石上が渡したハートのペンダントから波乱の展開が始まるようですね!楽しみにしておきましょう!