2月13日発売週刊少年マガジン掲載、ダイヤのエースactⅡ【156話、探り合い】のネタバレ記事です!

また、U-NEXTの31日間無料トライアルを利用すると、最新の週刊少年マガジンを無料しかも2冊分読むことができます!ネタバレ前に読みたい方は公式サイトをチェックしてください!⇒>>ユーネクスト公式サイト<<

【前回155話、本気の青道】のあらすじ

調子の上がらない沢村に代わりピッチャーは川上へ。見事なピッチングで由良総合の攻撃を抑える。そして青道の攻撃。バッターは御幸。バックスクリーンへ見事なホームランで同点となった・・。

【156話、探り合い】のネタバレ

勢いは止まらない!?前園からの攻撃

御幸の次は5番バッターの前園。

外角寄りのストレートを振りぬきワンバウンドで外野フェンスへ!ツーベースヒット!

 

続くバッターは6番の東条。

ここでベンチでの作戦を思い出す。

  • 相手ピッチャーはストレートに威力がある
  • スライダーであれば追い込まれてもアジャストできそう
  • 受け身になって考えすぎると向こうの思うつぼ
  • 難しい球には手を出さず打てる球が来たら迷わず振る

そして東条は御幸、前園と相手のストレートをとらえた事から

「慎重になるよね」

とスライダーを予想。

見事にとらえライト戦へ!

2塁ランナーの前園もかえり、タイムリーツーベース!3-2と青道の勝ち越し!!

 

盛り上がるベンチ。

そんな中、沢村が御幸に対し

「さすがのキャップ砲。一振りで流れ変えちゃいましたね、ナイスホームラン!」

とグータッチへ。対する御幸は

「エース一人じゃねえぞ、チーム背負ってんのは」

と沢村を気遣った声をかけグータッチに応えた。

バッター川上

次のバッターもヒットで現在ワンアウト1,3塁。

当然この場面はスクイズの可能性を警戒。

相手監督は

「警戒しすぎてカウントを悪くすると選択肢を増やしてしまうことになる」と

1塁ランナーは放っておき、3塁ランナーの動きだけ注意するようサイン。

対する青道はどう仕掛けるか?

ピッチャー投げた!1塁ランナースタート!

バッター川上は初球インコースストレートをヒッティングもファール!

ランエンドヒットを仕掛けた

続いて2球目はスクイズの構えからボール

ここで相手監督は

「見え透いた手を・・」

と一度は1球はずすことを考えるが、ここは当初の予定通り相手に惑わされないようストライクゾーンで勝負するよう指示!

そして3球目!1塁ランナースタート!ピッチャーは内角へ得意のストレートを放る!

川上は難しい球を右方向へ転がす!3塁ランナーがかえり、これでこの回3点目!4-2となった

 

試合の模様を見ていた八弥王。

「案外この試合早くケリがつくかもしれねえぞ」

と警戒を強めていた・・。

 

以上【156話、探り合い】のネタバレでした!

感想

御幸のホームランから完全に青道ペースとなりました。

読んでいてこりゃ青道の勝ちやなと確信しましたw

しかしもしかすると相手監督の反撃が残っている可能性もあります。一応まだ2点差です。ここからどんな有能な作戦を思いつくのか、はたまたサクッと試合が進み、次回ページをめくった瞬間「試合終了!!」というパターンがあるのか。

次回のダイヤのエースも楽しみにしておきましょう!

またダイヤのエースactⅡのアニメ化が決定した事により、GYAOでファーストシーズン、セカンドシーズンを無料で視聴することができます。気になる方はそちらもチェックしてみてくださいね!

次回の週刊少年マガジンは2月20日発売予定です!