前回はドロップキックからいっちと空手家甲斐の戦いが始まりました。そして最後は今まで学んできたカポエイラの技術、クチラーダそしてアルマーダを放ったいっちでしたが・・

以下【第28話、縛られた者】ネタバレです。

【第28話、縛られた者】ネタバレ

いっちの攻撃に甲斐は!?

見事にヒットしたいっちのアルマーダ。

しかしいっちも

「あ、当たった」

と驚いている。

その様子を見ていたB.Jは甲斐の中段突きに対するクチラーダ、アルマーダの組み合わせを理にかなっていると驚いてみている。

 

崩れ落ちる甲斐。

しかし次の瞬間・・!

いっちの腹に正拳突き!暴走列車の甲斐!もだえるいっち!さらに連続で突きを打ち込んでいく!

さすがに崩れ落ちていくいっち・・。

空手家甲斐は残心の動き・・。

残心の意味

残心とは隙だらけに見えるかもしれないが、本来反撃に備えた構えである・・。

そんな言葉なんて覚えてないっち。

ただ「勝つまで油断するな」その言葉を思い出し

倒れこみながら無我夢中で後ろ蹴り!

しかしかわす甲斐。

甲斐も回し蹴りを放ってくる!

そこで一致は自然と「ハボ ジ アハイア」を放つと空手家の甲斐は崩れ落ちた・・。

 

B.Jはいっちのコンパッツ(ハボ ジ アハイア)の威力や精度に鳥肌をたてていた。

「見ほれた、闘争の芯がある」

 

そしていっちは「あなたは自由?それとも縛られている?」そう言い残し去って行った。

その様子を純吾が見ていた・・。

 

以上【第28話、縛られた者】ネタバレでした。

感想

ついに甲斐との決着がつきました。とにかくあれだけ腹を殴られても普通に反撃するいっち。すごすぎますw

甲斐ももろにいっちの攻撃喰らってるのに抵抗するところもすごすぎですがw

また途中途中ででてくるB.Jの解説がいい味出してます。結局いっちは実践を積んでいる、甲斐はあくまで競技、その違いが出たようです。

そして最後に純吾が出てきました。戦いの様子を見ていたんでしょうね。最初コイツ誰だ?女?と思いましたがよくよくみると純吾でしたwちゃんと見てないんでしょうねw

さあ次回のバトゥーキはまた新たな展開へと進みそうですね!楽しみにしておきましょう!