約束のネバーランド【123話】ネタバレ、感想!「鬼を殺したくない」レイの答えは!?

2月18日発売の週刊少年ジャンプ掲載、約束のネバーランド【123話、大事な選択】のネタバレです。

前回までのあらすじ

ノーマンとの再会を果たしたエマ達。そこで聞かされたのは

  • 鬼は食べたもので形態が変化する
  • 鬼は人を食べ続けなければならない

つまり、「農園さえつぶして人肉を食べれない状況を作ってしまえば鬼は滅んでしまう。」これがノーマンの考えでした。

そんな中アジトでのつかの間のひと時を過ごしたエマやレイたちでしたが、エマはどこか複雑な表情。

全話【122話】では、そんな複雑な表情に気づいたレイがエマに問いただすとエマは「鬼を殺したくない」と言います・・

今回は「鬼を殺したくない」エマとレイの考えを中心とした話です。(表現は多少変えています)

その前に3月4日には最新刊の13巻が発売予定です。ユーネクストとmusic.jpを利用すれば無料で読むこともできると思いますので、まだチェックしていない方はお早めに!

>>ユーネクスト31日間無料トライアル<<

>>music.jp無料お試し<<

【123話、大事な選択】ネタバレ

エマの本心にレイは?

「私鬼を殺したくない、私どうしていいかわからない」

とうったえるエマ。

しかしレイは

「俺にもわからん」

とはっきりと、ただそこまで深刻ではない表情で答える。

レイが話をまとめだす。

  • 七つの壁路線(約束を結びなおす)⇒どっちみち鬼は滅ぶ
  • 無理やり人間の世界へ逃げる⇒戦争になるリスク⇒もっと人が死ぬ

結局「鬼にとって人間を食べなければ生きていけない」とわかった以上、全食用児を助けるならノーマンの方法しかないと結論。

「うん、とりまどうしようもないんじゃね」

とエマの方をたたくレイ。

エマは

「ええ~~~~~!!?人が頑張って埋めた本心を秒で掘り起こすなよー!」

とレイの反応に納得がいかない様子・・。

登場人物A

ここまでは薄情なレイがはっきりとエマの意見を否定するという、いつもの流れでしたねw

レイが出した解決策!?

ここから真剣な表情で語りだすレイ。

「埋めた本音すぐ出てきたじゃん」

レイは

  • 本音を埋めるなら墓場まで隠し通すべき
  • あきらめきれない本音があるならいつかその気持ちが何倍にも膨れ上がる
  • 納得していないならとことん向き合え

とエマに意見をぶつける。

ただレイ自身は「絶滅」させることに納得している。

そこで最後にまたエマを問いただすと

「絶滅は絶対いや、争わない選択をしたい」

と覚悟を決めた表情で宣言する。

するとレイは結論を出す。

ノーマンに話にいこう!迷っていからこそ」

「あいつは昔から俺たちの特別だろう?」

登場人物A

脱獄の時もエマの全員を連れ出すという無茶な意見にノーマンは協力的でしたよね!そのころの3人の会話は大好きでしたが、ノーマンの雰囲気が以前とはちょっと変わっているような気がするのは僕だけでしょうか・・

ソンジュとムジカはどうなる?

レイがノーマンに話した場合のことをまとめだす。

まずノーマンの具体的作戦を聞くこと。戦争になる可能性があるのかどうか。

そして2人の中でもう一つ気になることが「ソンジュとムジカ」の例。

  • 人間を食べていないのに人型で知能も高い(人を食べ続けないと姿も知能も保てないはずなのに)
  • 鳥を食べても魚を食べても形態に変化がなかった

つまりもしかしてこの2人は

人を食べなくても形態を保てる”例外”」なのかもしれないということ。

もしそうだとしたら

  • 例外がどれくらいいる?
  • 例外がたくさんいて、そいつらが人を喰いたい鬼だったら?(農園をつぶしても退化しない、人間の脅威のまま)
  • ノーマンは知っているのか?
  • 鬼と人間が共存できる道があるかも

そしてレイとエマは事がでかくなる前に今すぐノーマンに相談することを決めた・・!

ノーマンの部屋にいたのは?

ノーマンの部屋に行くとそこにいたのは

「ヴィンセント」

と他2人。(ノーマンの机に座ったり、机に脚を載せたり態度がでかい男と女)

エマ達が

「B06-32フィルターから来ました」

と軽く自己紹介をし、ノーマンがいないため帰ろうとすると引き留められる・・!

「俺たち興味があんのよ、GFのお坊ちゃん達に」

 

以上【123話、大事な選択】ネタバレでした。

感想・考察

最後に出てきた2人。なんとなく「こいつらノーマンの事よく思ってないわ」と感じ取りました。怪しすぎです。ただ一応ノーマンのことをボスと言っているので部下ではあるようです。

そしてGFハウスのことを知りたがっています。つまりノーマンはGFのことを話していないようですね。

次回は「どんなことを聞かれるのか?」が気になりますが、「坊ちゃん」と言われているあたり、待遇がいい存在と思われているのでしょうか?

アジトでもエマ達はだいぶ待遇が良かったですが、あまりよく思われたいないんですかね?とにかく気になるところだらけです。

次回の約束のネバーランドも楽しみにしておきましょう!

ちなみに3月4日には最新刊の第13巻が発売予定となっています!ユーネクスト、そしてmusic.jpを利用すれば無料で読むことができますので、早めにチェックしておいてください!