2月20日発売週刊少年マガジン掲載、ダイヤのエースact-Ⅱ【157話】ネタバレ記事です!

前回は御幸のホームランで2-2と同点になった後の展開でした!青道に流れが来るか!?というところから、見事にタイムリーなどが続き4-2へ!完全に青道ペースとなってきましたが、由良総合に反撃の手が残されているのでしょうか!?

また【157話、終止符】のネタバレ前にダイヤのエースを読みたいという方は、ユーネクストの31日間無料トライアルでもらえる600ポイント、そしてmusic.jpの無料お試しでもらえる961ポイントを利用すれば、無料で最新の週刊少年マガジンが読めます。(2019.2時点)マガジンなら5冊分、普通の単行本であれば合計3冊読めます。まだチェックしていない方はお早めに!

>>ユーネクスト31日間無料トライアル<<

>>music.jp無料お試し<<

【157話、終止符】ネタバレ

すでに試合は6回の表へ

前回は4回裏の青道の攻撃で4-2となっていたが、さらに1点追加し5-2.

そして5回裏にも1点追加し6-2となっていた

そして6回の表、ピッチャーは川上、由良総合の攻撃中。

 

川上は1人ランナーを出すものの後続を断ち、スリーアウト!この回も0点に抑える・・!

「ナイスピッチ、ノリ」

「いいっすね!川上先輩!」

とナインも盛り上がっている。

肩を作っていた降谷たちも一旦ベンチに戻ることに。

川上は

「やっぱクリーンナップは振りが鋭いな」

と言いつつ、油断するつもりは全くない。

そして6回裏、青道の攻撃へ・・

6回裏へ

由良総合はピッチャーを交代、背番号12の2年の大須。

「フォークもある速球派だ。しかしエースより速球は劣る」

「ここで叩けば打つ手なしやで」

とナインは相手を分析しつつ、雰囲気も上々に口も滑らか。

そんな中、沢村だけは

くそ、今日を一からやり直したい

と悔しさをかみしめていた・・・。

 

青銅の攻撃はというと・・

倉持のヒットと盗塁、小湊のタイムリー、そしてエンドラン。御幸の犠牲フライ。

この回は2点追加し、点差は6点となり8-2となった

由良総合ベンチは!?

ベンチへ戻る由良総合ナイン。

「何だお前ら、点差が広がってんのに楽しそうだな」

監督も言うように落ち込む様子もない選手たち。

青道の攻撃守備の隙の無さに

「これが監督のやりたかったことか、すごく勉強になる」

と感銘を受けている様子。

そしてそんな様子を見ていた監督も

「1プレーでも1球でもいいじゃねえか!こっからだぜ野球が楽しくなるのはよお!!」

と選手たちを鼓舞した・・!

試合は決着!

そして7回裏青道の攻撃。

新星(?)のサヨナラツーランホームランで10-2!

青道のコールド勝ちで決着!

 

以上【157話、終止符】ネタバレでした。

感想

やはり予想通り、青道ペースとなった試合は決着を迎えましたね!

最後はサヨナラツーランでコールド勝ちとなったのですが・・いや誰!?w全く名前が思い浮かびませんw

とにかく新星ですからね!とにかく一旦ひと段落つきそうです。

また4月2日よりダイヤのエースactⅡのアニメが放送開始されます!テレビ東京系列で毎週火曜日夕方5時55分から放送開始予定となっていますので、気になる方はチェックしてみてください!