前回のあらすじ

前回は善逸と獪岳の戦い後落下していく2人。その時、愈史郎が現れ善逸を助けることに成功。獪岳は奈落の底に落下していった・・。一方で炭治郎と義勇の目の前に現れたのは十二鬼月の一人「猗窩座」戦いの行方は・・!?

詳しいネタバレは以下よりお願いします!

▼無料で961円分の漫画を読む!▼

▼無料で600円分の漫画を読む!▼

U-NEXT

【147話、小さな歯車】ネタバレ

地図を作り続ける輝利哉たち

無惨の作った屋敷内の地図を作成しながら涙を流す「くいな」と「かなた」

思い出していたのは父の耀哉(お館様)や兄弟たちだ・・。

しかし兄の輝利哉は

「泣くな、絶対に手を止めるな、私たちは負けない」

と妹たちに語り掛け、先を見据え作業を進めていた。

そして部屋の外には本音柱である「宇随天元」そして元炎柱の「煉獄槙寿郎」

まだ子供の輝利哉たちが父親を失った悲しみを抑えながら、鬼滅隊の士気を取り、自分たちの使命を果たそうとする姿を見て

「私も杏寿郎同様、煉獄家の名に恥じぬよう命を賭してお守りする」

と心に誓っていた。

妹の禰豆子の容態は?

禰豆子のそばで看病を続ける左近次。

珠代からもらった人間に戻る薬を使ったが

「果たして禰豆子は人間に戻れるのだろうか

と落ち着かないでいた。

ただ禰豆子が人間に戻ることができれば無惨の太陽を克服するという夢はふりだしに戻る。なぜなら日光で消滅しない鬼は禰豆子1人だけだからだ。

そして左近次はあがる心拍を抑えながら炭治郎と禰豆子のことを考えていた。

炭治郎が禰豆子を連れて現れたことで大きな歯車が動き出したこと。

「負けるな禰豆子」「負けるな炭治郎」

と心の中で願っていた・・。

炭治郎VS猗窩座

ヒノカミ神楽火車!!

猗窩座の攻撃を飛んでかわす炭治郎。

そして

「腕ぐらい斬れなきゃ頸なんて斬れない!」

と猗窩座の腕を切り落とす!!

「斬れた!!」

と自分の攻撃が通用することを確認する炭治郎。

しかし当然次の瞬間には猗窩座の腕が回復し、その腕で攻撃を仕掛けてくる。

ヒノカミ神楽幻日紅

しかしその攻撃も間一髪でかわす炭治郎。

そしてすぐさま反撃を見せ猗窩座の顔に傷をつけた・・!

 

戦いの様子を見ていた義勇は

「格段に技が練り上げられている」

と驚いている。

そして炭治郎と出会った雪の日のことを思い出していた・・。

 

顔の傷は瞬時に回復する猗窩座。

「この少年は弱くない、侮辱するな」

「杏寿郎の言葉は正しかったと認めよう」

と炭治郎の力を認める。

そして・・

「術式展開」

「さあ始めようか宴の時間だ」

いよいよ本気モードの猗窩座!!

 

以上【147話、小さな歯車】ネタバレでした。

▼無料で961円分の漫画を読む!▼

▼無料で600円分の漫画を読む!▼

U-NEXT

感想

猗窩座はどこを切ってもすぐさま回復しちゃうのですが、とりあえず腕を切り落とすなど炭治郎の力が通用することが判明。

ただしあくまで首を斬らないことには猗窩座をやっつけることはできません。しかし猗窩座は何やら本気を出しちゃいそうですがどんな展開になるのでしょうか?

ちなみにそばには義勇もいるのですが今のところ全く手を出していませんwむしろ現在の立ち位置は

『義勇 猗窩座 炭治郎』

猗窩座を間に挟み、なおかつ義勇に対しては完全に背中をみせていますw猗窩座の眼中に義勇はいないようです。

とにかく次回は炭治郎VS猗窩座の戦いの続きとなりそうですね!鬼滅の刃楽しみにしておきましょう!