前回のあらすじ

ノーマンが考えた「農園をつぶし、鬼を絶滅させる」という提案。しかしエマは「鬼を殺したくない」と複雑な胸中をレイに明かす。レイはノーマンの考えに賛成だという意向は示すものの、エマが自分の信念を曲げないことはわかっている。そこで2人はノーマンに相談して新しい考えを出してくれることを願いノーマンの部屋に向かった・・。しかしそこにいたのはヴィンセントと謎の男と女だった・・。

以下2月25日発売週刊少年ジャンプ掲載【第124話、聞かせろよ】ネタバレをまとめます。

その前に現在ユーネクストやmusic.jpの無料お試しを利用することで、合計1561円分の漫画を無料で読むことができます。おそらくもうすぐ約束のネバーランドの最新刊13巻も発売が近いと思いますので、無料で読みたい方はチェックしておきましょう!

▼無料で961円分の漫画を読む!▼

▼31日間の無料トライアルで600円分の漫画を読む!▼

U-NEXT

【第124話、聞かせろよ】ネタバレ

謎の2人の正体は?ヴィンセントは何者?

ノーマンの部屋にいたヴィンセント以外の謎の男と女。

男は「シスロ」女は「バーバラ」というらしい。

3人もエマ達と同様「脱走者」そして胸にはノーマンと同じマーク、つまり「試験農園ラムダ7214」の出身者である。

正確にはシスロとバーバラは「GR(グッドウィル=リッジ)」、ヴィンセントは「GB(グローリー=ベル)」の出身者。

つまりヴィンセントはユウゴやルーカスと同じ農園出身ということになります。

ノーマンとの関係性は?

ラムダで地獄のような日々を過ごしていたシスロ、バーバラ、ヴィンセント。

たくさんの食用児が殺され、物よりもひどい扱い。

そんな中現れたの12歳のノーマン(ボス)。ノーマンに助けられ神のような存在に。

そしてみんなが持っている力の使い道も教えてくれた。

その後はノーマンが策を立てシスロ、バーバラ、ヴィンセント、ザジの4人が実行をするという方法で、今まで農園を5人で解放してきたのだった・・。

シスロたちが聞きたい事

シスロたちは大好きなノーマンが昔どんな奴だったのかを聞きたがっている。

なぜなら、普段はキリっとしてて帝王のような存在。しかしエマ達が登場したことで部下たちが昨日のノーマンは別人だったと騒いでいたからだ。

エマが優しく、頭もよく、ふわっとしててニコニコしていると答えると驚いていた。

ただ仲間思いで、いいやつであることは共通認識のようだ。

ノーマンの策にシスロたちは・・

ノーマンの策について話しているシスロは

「ああ楽しみだな早くやつらを皆殺しにしてぇ」

と不気味な表情で話しだす。

バーバラも「ぶっ殺してやつらの肉を食うとムカムカが消える

と語る。なんと鬼の肉を食べていたのだ。

とにかく農園時代の苦痛やラートリー家、そして鬼共への恨みを語るバーバラ。

しかしエマの表情を見て怒りがわきだすバーバラ。

なぜなら鬼へ同情をしている表情をしていたからだ。

「まさかボスに話があるって『計画を変えて』とかじゃねえだろうな」

とすごい力で地面にひび割れが入りだす。

しかしシスロが「やめろバーバラ」と止めることで事なきを得た。

その頃ノーマンは?

エマが鬼を殺したくないと思っていることを察したヴィンセント達。

「どの道もう遅い」

とボスは今朝計画を早め「駒の一つ」に会いに行っていることを明かす。

 

ノーマンがザジとともに向かった場所。

「正式にあなた方と同盟を結びに来た、共にこの世界を破壊しましょう」

そこにいたのはなんと「鬼」だった・・。

以上【第124話、聞かせろよ】ネタバレまとめでした。

▼無料で961円分の漫画を読む!▼

▼31日間の無料トライアルで600円分の漫画を読む!▼

U-NEXT

考察、感想

鬼の肉を食べるバーバラ達

鬼たちは能力、形状を維持するために人間の肉を食べ続ける必要がありました。

変わってハヤトやザジをはじめおそらくバーバラやシスロにも特別な力があるはず。もしかしてその力を持続するためには鬼の肉を食べる必要があるなんて展開があるかも!?

完全に深読みですがw

バーバラの能力

地面にひび割れが起きるほどのバカ力をもつバーバラ。基本的にラムダ出身者が持つ力というのはバカ力が中心になるのでしょうか。

足が速かったハヤトもいますし、ほかにどんな特別な力があるのか気になるところではあります。

ノーマンが鬼とかわした契約とは?

鬼とともに世界を破壊するという契約。

鬼は人を食べる必要があるので、世界を破壊してしまうと不都合があるはず。

もしやソンジュやムジカと同様人を食べなくても生きていける種類の鬼の可能性は高いかもしれませんね。

 

次回は鬼との契約の詳細が明かされるかもしれません。次の約束のネバーランドも楽しみにしておきましょう!