名探偵コナン【第1024話】ネタバレ、考察!世良にコナンの正体がばれた!?

刑事ドラマの撮影現場で起きた殺人事件。前回、俳優の徳薗彩也さん(34歳)が4階から落ちて死んでしまった。同じ4階には京極真ただ一人しかいなかった。

そして、助監督の尾取大策(48歳)は一人犯人に気づいている様子だった。

最後は世良が新一がコナンと同一人物であることを疑い、蘭に耳打ちしているところで終わっていたが・・。

以下【第1024話、世良の追求】ネタバレです。

【第1024話、世良の追求】ネタバレ

世良にコナンの正体がばれる!?

「新一君がいる時・・コナン君いないんじゃないか?」

世良は蘭に問いただす。

「あるよいた事・・」

と以前学園祭で2人がいたときのことを思い出しながら話す蘭。(実際は灰原がコナンに扮していた)

戸惑う世良。

「私も新一とコナン君が同一人物だと思ったことがあるけど、そんな魔法みたいなことあるわけないと思いなおしたんだよね!」

世良は不満そうに目を細めながらコナンを見た。

コナン「アハハハ・・・」

事件の推理

「しかしわからんな・・」

目暮警部たちは徳薗が4階から落ちた原因を、4階の外に落ちていたスマホから驚くような呼び出し音をだして落とさせたなどと見当違いの推理をしていた。

ただ一人4階にいた京極真にどんな音を聞いたのか尋ねると・・

「鳥とか虫が羽ばたいた時のバサバサとかブーンって感じだったと・・」

すると監督の富岡茂松(50)が「そんなジョークグッズがあったような・・」と何か思い出していた。

撮影が中止になり休憩へ

女優の神明奈々子はケガのメイクをしていたが、その額には1ヵ所リアルな傷があった。

以前、ADの西岡と待ち合わせをしていた際に西岡が寝坊をしてしまい、その間に起きてしまった事故で追ってしまった傷らしい。結局、待ち合わせ場所に遅れてきた西岡が両手を真っ赤にして助けてくれた。(西岡とは4階から落ちて死んだ(殺された)俳優の徳薗にイタズラで驚かされた日に死んでしまったAD)

遅れた理由は神明のメイク担当である油井英香(26歳)と夜遅くまでDVDを見ていたせいらしい。(なんと油井と西岡は付き合っていた

現場ではADの吠木曜太が「スタッフの分まで買ってきますのでティータイムにしましょう!」と提案し買い物に向かった。一緒に高木刑事もついていった。

新たな事件発生

買い物から帰ってきた吠木。

飲むものは各自決まったいるらしく、勝手にとろうとするスタッフに対し「あ、ちょっと」と慌てている様子。

「バナナストロベリーシェイクとピーチメロンシェイクは尾取さんと神明さんのだからもっていかないっでくださいよ!」

助監督の尾取はいつものシェイク神明は珍しくシェイクを頼んだらしい。

神明はシェイクは見た目で区別がつかないといいながら、尾取のシェイクを自分のストローで少し飲んだ

ストローがなかったため、油井が自分のストローを渡す。吠木はそのストローを受取り、さす。監督の富岡がシェイクを受け取り助監督の尾取に手渡した。

尾取はスマホで犯人とやり取りをしている。(前回尾取は犯人に気づき、後で話すよう持ち掛けていた)するとシェイクに口をつけた瞬間、苦しみながら倒れてしまった。

口からはアーモンド臭、コナンと世良は毒殺だといった。

尾取の毒殺、推理は?

毒殺に間違いないようだが、シェイクからもストローからも毒は検出されず。

残る可能性は「自殺」と世良は語る。

そのとき尾取の持ち物をチェックしているコナン。

「何だ・・・これ!?」

その中に「チョウチョ型のアクセサリー?」があった。

 

以上【第1024話、世良の追求】ネタバレでした。

考察、感想

世良は新一とコナンが同一人物であることを疑っていましたが、もちろんいつものごとくかわされて終了!予想通りでした。

事件はスタッフ皆に動機があり、シェイクを渡す場面でもみんなが毒を盛るチャンスがありましたね!

最後に出てきた尾取のポケットに入っていたチョウチョのアクセサリー?おもちゃ?のようなものですが、もしかしてというか最初に京極が言っていたブーンと音がするものと考えると合点がつきそうです。

次回コナンと世良の推理が進んでいきそうですね!!