ゴールデンカムイ【第181話】ネタバレ、あらすじ!トラとの戦いは?

ゴールデンカムイ第181話「アムールトラ」以下ネタバレ記事になります。

前回、亜港脱獄での爆発から一匹の虎が出現。トラとの戦いは・・?

ゴールデンカムイ第181話「アムールトラ」ネタバレ、あらすじ

アムールトラとの戦い

外で待っていた尾形たちが誰も出てこないことから不思議がっている。

そんな中囚人たちは1匹のトラに襲われていた。

ソフィアは「やれやれ、待っていたのはユルバルス違いだよ」とつぶやいた。

(ユルバルスとはタタール語でトラを指す。)

しかもそのトラはトラの中でも最大種のアムールトラ。獲物はどう猛さ関係なく襲い、獲物を追って何十キロも追跡できるので、単独で樺太へもわたってくることがある。

 

トラとの遭遇の中でも看守に銃で撃たれる囚人。

ソフィアをかばいトラから守る囚人。

囚人たちはソフィアを穴から逃がそうとするがもちろんソフィアは戦う。

「子分たちより逃げる親分がどこにいる」

囚人たちはアムールトラに一斉に襲い掛かり、同時にソフィアも持っていた鎖でトラの首を絞める。

トラは屋根の上から逃げようとし、ソフィアは振り落とされる。そんな中囚人は銃でトラを狙おうとするがソフィアはそれを止める。なぜならアムールトラはナーナイ民族にとって神様であり、殺した人間には不幸が訪れるからだ。

そんな中別の場所でも爆発が起きた・・。

アシリパとの遭遇

穴からでたソフィア。

するとウイルクが見せてくれた「テタラベ」を着たアシリパを発見する。

「その目・・・ウイルクの目・・」

アシリパもすぐにソフィアであることに気づく。

「ソフィアか?」

周りにいた白石は想像していた姿と違うソフィアに驚愕し、尾形は反応せず。

キロランケはその姿を見て

「めちゃくちゃいい女になったな」(笑える)

するとソフィアはキロランケのほほを激しくビンタし(シリアスな感じ)、怒りの表情で

「よくもウイルクを」

 

以上ネタバレ記事でした。

次回の展開は全く読めませんが、重要な展開となりそうです!