ダイヤのエース【第149話】ネタバレ、予想!沢村は攻撃を抑えることができるのか!?

前回、由良総合の3番にタイムリーを打たれ、初回から1点を失った沢村。なおもノーアウト1、3塁のピンチ。相手の揺さぶりに対し、どういう対策を取るのか。

以下【第149話、Get back】ネタバレです。

【第149話、Get back】ネタバレ

タイム

「早くも伝令か」

マウンド上に集まる青道内野陣。しかも伝令に向かうのは降谷だ。

 

「代わろうか」と降谷。

「だだだだ誰が!!」当然沢村は切れ気味に拒否した。

降谷はマウンドに行って発破をかけるよう言われたらしい。それが一番沢村の力みを取るからだ。

 

監督から伝えられた作戦は内野中間守備、外野長打警戒、4番との勝負に集中。つまり1点を失っても良し

沢村は悔しそうだが、周りは励ましたり、さらに挑発したりで、徐々にいつもの沢村らしくなってきた。

 

相手の思惑

気を取り直して攻撃再開。

早速相手監督はサインを出してくる。どんなパターンだってあり得る。

 

御幸はとにかく腕を振るようアウトコースに構える。

「みんないる」

信頼を感じながら沢村は思い切り腕を振り、ストライク!今日一の投球だ。

続いてボール。

 

しかし、次の投球は相手監督に読まれていた

ピンチになればなるほど一番自信がある球を投げてくるはず。狙う球は一つ。そう。インコースのストレートだ。自信のある球をたたいて一気に打ち崩す!!

 

強い打球が一塁のミットを抜ける!

しかしここでセカンドの春市がボールをつかみ、外野へ抜けるのを防ぐ!

セカンドに投げアウト!その間に3塁ランナーは帰り、2点目が入った。

 

何とか1アウト1塁。次のバッターはさらにバントの構え。

どんどん仕掛けてくる由良総合!

負けたら終わりの夏大会。

1球目はファール!

さあ次の展開は!?

以上【第149話、Get back】ネタバレでした。

感想

なんとか沢村らしくなってきたものの、すでに2点を失いました。さらに揺さぶりをかけようとしてくる相手。とにかく相手監督がさえわたってる感がすごいので、まだまだ一波乱ありそうな気がします。

次は予想ではヒットエンドランを仕掛けてきそうな気がします。逆に普通過ぎますかね!?まあ普通にバントして1アウトプレゼントするようなことはしてこないでしょうね。

次の結果次第では川上が出てくる可能性もあり。といったところでしょうか。

さあ次回を楽しみにしておきましょう!!