3月18日発売週刊少年ジャンプ掲載、ハイキュー342話のネタバレ、感想記事です。まずは前回のおさらい!

341話のまとめ
  • ブロックは防御と同時に攻撃もできる
  • ブロックは個人ではなく組織こそ最強である
  • 日向のスパイクに3枚のブロックがつくもぶち抜く

前回は途中交代で入ってきた鴎台別所が気持ちはビビり状態ながらもしっかりブロックに入るさまが印象的でしたね。つまり誰がメンバーに入ってもブロックできるよ!つまり鴎台の組織はすごいよ!と印象付ける話でした。

結局日向はそのブロックをかいくぐりスパイクをぶち込むのですが342話の展開はどうなるでしょうか!?

以下【342話、理性】ネタバレです。

U-NEXT

【342話、理性】ネタバレ

鴎台のブロック

日向のスパイクで3-3の同点。

日向のスパイクが凄いのはもちろんだが、鴎台はなぜ日向のスパイクにグワッと反応できるのか。

鴎台のブロックの配置は「パンチシフト」

パンチシフトとは中央に3枚のブロックを配置するスタイル。そしてパンチは束を意味する。

その3枚が瞬時に反応しまとまって飛んでくるのでグワッっと感じるのだ。

そしてサイドからの攻撃に対応しづらいが、鴎台は最低でも2枚以上で対応してくる。それもバラバラではなく束。バラバラだとレシーブの邪魔になってしまう。

しかし今のところ日向の「はやさ」のほうが勝っているが・・

日向のサーブ

つぎは日向は後衛にさがり、前衛に月島が入ってくる。

月島は烏野のブロックの要。

 

そして日向サーブ!サーブはいたって普通。

鴎台は問題なくレシーブし速攻!

しかしこの攻撃を遮ったのは月島。見事にブロックに入りワンチ!

烏野はうまくつなぎ得点ゲット!

月島は日向の「貧相サーブからの速攻は定石」と相手の攻撃を読んでいたのだ。

鴎台の考え

鴎台は自分たちの「ブロックの精度」があがるまで、とにかく烏野に点を離されないようにと考えていた。

試合は進み6-5で烏野1点リードの状態。

ここで烏野の月島と鴎台の星海が目を合わせる。

烏野のサーブ。強烈なサーブ!

しかし鴎台もうまくレシーブ!

そして飛んだのは星海!!早く、そして高いジャンプ。

ここで月島の回想。

高く飛ぶってことは長く空中にいるってこと。他のスパイカー相手と同じように飛んでしまえばブロックが先に落ちてしまう。

つまり大事なのは「タイミング」

「ブロック完成のタイミングを誤るな」

 

そして星海のスパイクを見事にブロック!!

 

ここでまた月島の回想。

「タイミングさえドンピシャであれば小学生だって田中さんのスパイクを止められる」

5番の星海は確かにすごいスパーカーだが、必要以上に恐れることはない。

 

これで7-5!

星海は普段なら慣れるのにもう少し時間がかかるのにと警戒を強める。

そんな星海に影山が

「星海さんびっくりタイムも終わりですね」と声をかける。

そして星海は月島に対し言い放つ。

「異様なチビには驚かねえってか」

 

以上【342話、理性】ネタバレでした。

>>music.jpの無料お試しで961円分の漫画が無料で読める!<<

感想

鴎台が組織のブロックチームという描写が今まで続いていましたが、今回はある意味月島の個人の技術?というイメージを受けましたね!まあ実際はチームメイトにも飛ぶタイミングは伝えているので組織としてもすぐれたチームだとは思いますが。

なんいせよ星海のスパイクを止めた烏野に試合の流れが傾きそうね展開となってきました!鴎台が点を離されたくないと思っていたところで7-5の2点差へ。

次回鴎台がどんな対応をするのか見ものですね!

次回のハイキューも楽しみにしておきましょう!