エスケープジャーニーは男子大学生同士の泣ける系BLです。

エスケープジャーニーはユーネクストやmusic.jpなどを利用して無料で読むことができないのでまんが王国利用して読んでいます。まんが王国なら電子版限定のかきおろしつきです。無料試し読みもあります。

エスケープジャーニーのあらすじ・感想【ネタバレ含む】

高校時代に付き合っていたが喧嘩が続き、「性欲処理」呼ばわりされて別れた男・羽瀬太一と大学の入学式でエンカウントしてしまった久見直人。話し込む所を同級生に見られた事から同じグループとして連むようになり、距離を縮めていく2人。嫌な過去は忘れられないが、徐々に太一に惹かれていく直人だが、「友達」なら上手くいくのに「恋人」だと喧嘩ばかりして散々だった過去を思い出して苦悩する。

そんな中、友達のふみちゃんが太一の事を気になっている事を直人は知る。 おげれつたなか先生の作品はこちらが初めてだったのだが、絵のタッチが綺麗で話のテンポも良く読み始めるとすぐ話に引き込まれた。

エスケープジャーニーでは、高校時代に当時の同性の恋人に「性欲処理」と言われた直人の視点で物語が進んでいく。同性同士の恋愛じゃなくても過去に酷い別れ方をした恋人や友達がいる方は、この直人の過去に対する固執や拗らせる感覚は共感できると思う。

悔しさや怒り、でも全部ひっくるめて忘れられないという葛藤。太一はそんな直人と再び恋人となりたい一心で、元々理系だったのにも関わらず直人と同じ大学に入ろうと文系に転向し、苦手な文系科目を勉強し晴れて合格。そして同級生として直人の前に現れる。

しかし男女問わず友達として多い直人と、自己主張の少なく大人しい太一は正反対。高校時代の太一は複雑な家庭環境も相まって余裕がなくなり、交友関係の広い直人への嫉妬が増え、些細な事から喧嘩になり結果別れてしまったのだ。 友達としては仲良くできるのに、恋人では衝突ばかりしてしまう。だが1度知ってしまった恋人という関係から友達へは戻れない。同性であるが故、友達になれても恋人になれても家族にはなれない。恋人という関係の先には何があるのか。この作品の中で大きなポイントとして2人の関係についてとても丁寧に描かれてるのもポイントの1つである。

自分たちの関係がどんな名前が付けられるのか分からなくて悩む直人。そんな直人に苛立つ太一。その他にも、太一に思いを寄せる同級生のふみちゃんから見た2人の関係や、それぞれの家族が同性カップルである彼らに対する気持ちなど様々な視点で描写されてる。 すごくリアルな同性同士の恋愛に対するネガティブな意見なども入ってるので、読んでて胸が苦しくなる所もある。

よくあるBLの結ばれてハッピーエンドというご都合主義的なものも悪くないが、同性だからこその苦悩や葛藤をしっかりと描いたこの作品は読了後の充実感が半端じゃない。 後悔から始まった物語はどんな舵を切っていくのか、太一との関係に名前が付けられない直人が出した結論を是非読んで確かめてほしい。

>>まんが王国でエスケープジャーニーをチェック<<