アクタージュ【第46話】ネタバレ、感想!阿良也の表情の振れ幅!?回想シーン

前回の話は星アキラが脇役としての才能を開花させたことに対し、舞台裏のみんなが褒めたたえるといった内容でした。さらに最終幕の開演に向けて、夜凪と阿良也がそれぞれの形で集中し演技に入り込もうとしています。さあどんな最終章となるでしょうか。

以下アクタージュ【第46話、回想】ネタバレです。

【第46話、回想】ネタバレ

それぞれの成長

阿良也は思い出していた。

巌裕次郎が夜凪景、そして星アキラを役者として抜擢したことに期待もせず、むしろ苛立ちさえ感じていたことを。

しかし実際は違った。2人はどんどん成長していく。その姿に嬉しささえ感じていた。

「進化する芝居こそ演劇だ」そう巌は言っていた。

そして気付いた、阿良也は他人の力量を低く見すぎていた。それは自分自身すらも・・・

 

「俺はもっと進化できる、巌裕次郎の一番は俺だ」

今日の演技でそれを証明する・・・!

ジョパンニの回想

客席ではルイが泣いていた。それはジョパンニ(阿良也)の演技に感情移入してしまったからだ。

阿良也はその高い演技力のおかげで純粋な子供を演じきっていた。

しかもその演技があまりにも自然なため「上手い」とすら思わせない。

 

すると突前舞台が始まった。

表情の暗いジョパンニ(阿良也)が出てくる。それはジョパンニの家での病気の母親との会話。つまり「回想シーン」だ。

1人で演じ切る阿良也。

その演技を見て「時間によって変わっていく感情のありさまを完璧に時系列でコントロールしている」と星アリサは褒めていた。

 

そして暗転する舞台。

すぐに回想シーンから銀河鉄道の中に戻った。

先ほどのジョパンニの暗い表情から一転、明るく幸せそうなジョパンニがカムパネルラ(夜凪)としゃべっている。

みている側はあまりのその感情の振れ幅に「胸騒ぎ」、そして「危うさ」のようなものを感じていた。

会話するジョパンニとカムパネルラ。

「僕たちずっと一緒にいようね」

「・・・」

「・・・カムパネルラ?」

ついに最終幕へ、夜凪の演技は!?

 

以上【第46話、回想】ネタバレでした。

感想

とうとう最終章の夜凪と阿良也の絡みが始まろうとする手前の、阿良也の演技でした。カムパネルラと話しているときの表情とそうでないときの表情の差は読んでるこっちもリアルに怖くなりました。巌へメッセージでも送っているのでしょうか。

来週は最終幕で夜凪の演技が始まってきます。お互いにどんなやり取りをすすめていくのか、すごく気になりますね!

次回も楽しみにしておきましょう!