アクタージュ【第47話】ネタバレ、感想!阿良也はなぜジョパンニを演じきれるのか!?

前回、阿良也が舞台上に登場。ジョパンニの家での回想シーンとカムパネルラ(夜凪)との列車のシーンという感情の違いがあまりに大き過ぎるシーンを上手く演じている。その姿に周りが危うさを覚えるほどに・・という話でした。

今回どんな阿良也の演技が見れるのでしょうか?【第47話、阿良也の芝居】ネタバレです。

【第47話、阿良也の芝居】ネタバレ

冒頭は前回の回想シーンから

阿良也がジョパンニの家での母親との回想シーンを演じている。

ジョパンニが話してるのは父親が漁に出てずっと帰ってこないことを他の子にからかわれてるという話。でも「カムパネルラだけはからかってこない」とカムパネルラへの信頼を話している。

場面は一転カムパネルラとの列車のシーンへ。

カムパネルラととても楽しそうに話すジョパンニ。カムパネルラは死んでいるというのに・・・・

登場人物A

家でのシーンが虚無、列車のシーンが幸福という全く違う感情のシーンということですね。前回の話を振り返ってるようです。

阿良也の演技の源

「どうしたのカムパネルラ?」

ジョパンニはカムパネルラに話しかけ続ける・・。

なぜならカムパネルラが死んでいることを知らないから・・。

 

阿良也は経験を喰って成長する・・。

孤独を演じるのは難しくない・・。もう知っていたから。

母親との会話は少し難しかった・・。でもルイとレイに教えてもらった。

カムパネルラとの幸せのシーンは・・簡単だった。

なぜなら巌裕次郎と出会ったから。

そして巌裕次郎との出会い、そして別れ。つまり死という経験は

カムパネルラとのシーンにリンクする・・。

巌とカムパネルラを同一視することで阿良也は役とシンクロした。

 

周りが驚くほどの演技。

 

そして千代子は夜凪の姿を思い浮かべながら思う。

私はあなたにも会えてよかった。

これが憑依型カメレオン俳優明神阿良也。

 

以上【第47話、阿良也の芝居】ネタバレでした。

感想

とりあえず内容が少年誌とは思えないほど難しくなってますね・・。

おそらく「巌の死」という経験が、カムパネルラの死を理解するというシーンと重なることで阿良也はうまく演技ができるということですね。そもそも巌さんが死んでいたのかということが「そうだっけ?」とおもいましたが、僕の勘違いかもしれません・・!

これで前々回が星アキラ、そして今回は明神阿良也ときたので、次回は夜凪の演技に関する話が中心となっていくのではないでしょうか!楽しみにしておきましょう!

ちなみに次回は年明け1月7日が週刊少年ジャンプの発売日となっています!2週間ほど空きますので待ち遠しい限りです・・!