ダイヤのエース【第150話】ネタバレ、感想!由良の攻撃を沢村、抑えることができたのか!?

由良総合との1戦。前回は何とか立ち直ろうとしていた沢村だったが2点目を失う。なおも1アウト1塁の場面で相手が何を仕掛けてくるのか!?という場面でした。

 

以下【第150話、ナベチェック】ネタバレです。

ダイヤのエース【第150話、ナベチェック】ネタバレ

由良総合の攻撃

送りバントの構えを見せていた由良総合の5番バッター。

揺さぶりをかけてくると思いきや、そのまま転がしてくる。

スリーバント成功。

 

次は長打力のある6番バッター万波。

青道守備陣は1点もわたさないよう、外野陣はやや前にでる。

「ボールに力は戻ってきている」と御幸。

お互い真っ向勝負。

4球目のチェンジアップを相手がとらえる!

鋭い打球(ゴロ)がセンターへ向かう。

しかしショートの倉持がつかんでファーストへ。

スリーアウトチェンジ!

攻守交替

ベンチへ向かう青道ナイン。

御幸はチェンジアップで体勢を崩せなかったことを冷静に考えていた。

登場人物A

最初はストレート狙いだった相手ですが、大事な場面でチェンジアップに狙いを変えるという・・・。相手監督の読み、作戦が読めないですね。御幸もいろいろ考えているようです。

沢村は奥村を呼ぶ。

今日はなんかおかしい

と少しでも感覚を戻すためにピッチングを練習、確認するつもりだ。

 

相手のピッチャーは3年でサウスポーの北方。1、2回戦でも投げていないらしい。

相手の作戦か・・。

青道の攻撃・ナベチェック

初回の攻撃はショートの倉持から。

「俺たちが盛り上げてやるからよ」

と気合の打撃。

鋭い打球は右中間を抜ける。

倉持は3塁へ!

 

次は2番バッターの小湊。

 

実は相手ピッチャーの北方の対策は行っていた。

1,2回戦登板していないがブルペンで投げていた北方。

そこまでビデオを回していたナベのおかげだ。

これぞ「ナベチェック

 

そして・・

「2点くらいどうってことない」

小湊の打球も内野の頭を超える!

小湊は2塁へ到達!

これで早くも1-2!

青道の反撃が始まる!?

 

以上【第150話、ナベチェック】ネタバレでした。

感想

相手監督の作戦は送りバント&チェンジアップ狙いでした。

前回僕は送りバントではなくヒットエンドランだ!と読んでましたが、全く逆の作戦出来ましたね・・。だから追加点が取れなかったんだ!ということにしておきましょう。

青道の攻撃に対しても相手の作戦がはまるのかと思いましたが(初登板のピッチャー)、そこはしっかり対策をとっていた青道。ナベチェックがうまくいったようです。

次回はこのままの勢いで逆転まで行きそうな雰囲気ありますね!次回も楽しみにしておきましょう!