電子版の「少年ジャンプ+」で人気を博した「ファイアジャンプ」の作者、「藤本タツキ先生」の作品「チェンソーマン」が週刊少年ジャンプで新連載!

以下第1話ネタバレ、あらすじとなっています。(過度なネタバレは避けております)

【第1話犬とチェンソー】のネタバレ

主要人物

主人公デンジ・・・借金を抱えるデビルハンター。

ポチタ・・・悪魔。チェンソー型の犬。

冒頭

借金返済のために右目まで売ってしまい、眼帯をしている主人公デンジ。そばにはチェンソー型のポチタ。

悪魔を1体倒せば約30万。

そこにはトマト型で足と目が複数生えた悪魔が。

「やっぱデビルハンターが一番儲かるな」

デンジは悪魔を瞬殺。

「報酬は40万だ」

ヤクザの親玉が現れた。デンジの親父の借金を返済させるためにデンジをデビルハンターとして雇っているらしい。

結局借金の利子などを引いて報酬はたったの7万円に。そのお金で他の借金などを払うと1000円しか残らなかった・・

雨が降る中、ぼろい小屋でポチタとなけなしの金で買った食パンを食べるデンジ。

普通食パンにはジャム塗って食うらしいが、普通なんて夢の話。

「夢かなうなら女抱いてからしにてえぜ・・・」

ポチタとの出会い

墓の前にたたずむ昔のデンジ。

親父は借金を残したまま首をつって死んでしまったらしい。

「借金を返さないならお前の死体をばらして売る」

ヤクザの親玉はそう言った。

・・・

そこに現れたのはけがをした悪魔のポチタ。

「悪魔は血イ飲めばキズなおるって聞いたことがある!」

そう言って腕をかませるデンジ。

しかし、その行動はお互いが助かるための契約だった・・

終盤、悪魔との戦い

「悪魔が出た、仕事だぞ」

ヤクザの親玉に呼び出されるデンジ。

しかし呼び出された場所に悪魔はいない・・

・・・

その瞬間後ろから心臓を貫かれるデンジ・・!

実はヤクザの親玉はゾンビの悪魔に操られていたのだった。

ゾンビの悪魔にバラバラにされ殺されてしまったデンジはごみ箱に捨てられた・・

 

「悪魔には死んだ人の体を乗っ取れるやつもいるらしい・・」

 

デンジのバラバラになった体はつながりだした。ポチタはデンジの体を奪ったのだ。

「デンジの夢を見せておくれ」

復活したデンジは腕にチェンソーの刃をつけた悪魔となり、ゾンビの悪魔を真っ二つに。周りの乗っ取られたゾンビも次々に殺していった・・!

たたずむデンジ。

「先を越されたね」

そこに現れたのは公安のデビルハンターを名乗る謎の女。

その正体とは!?

 

次号第2話【悪魔と人の狭間でデンジは!?】

感想

シリアスな雰囲気のある王道のファンタジー。今後も様々な悪魔が出てくると思いますが、どのような展開になるのか次を期待させる作品でした!

次回を楽しみにしておきましょう!