リクドウ【第222話】ネタバレ、感想!リクがボクシングをする理由。ユキの気持ち。

前回のあらすじ。

リクは目標を見失っていた。それを心配するユキだが、「リクにとってのボクシングは何なのか?」と何も知らない自分、そしてリクに何もしてあげられない自分を責めていた。そこに三原の妹であるナズナが登場、そこでナズナがユキに伝えることとは!?

以下12月27日発売週刊ヤングジャンプ掲載【第222話、江原先生】ネタバレです。

リクドウ【第222話、江原先生】ネタバレ

リクがボクシングをする理由

ナズナは江原先生は現在、地元でホームヘルパーとして働いていること。

そして、江原先生がヤクザに襲われたことがリクがボクシングをするきっかけだったことを伝える。

それはユキが知らない事実。

ユキはリクが変わった8年前の雨の日のことを思い出し、涙を流した・・。

 

その傍らでテレビニュースが流れる。

それはデイヴィッドと椿のWBCライト級世界タイトルマッチが年間最高試合の候補となったこと。

そしてその王者を倒すのは芥生リクだということでリクの映像が流れた。

 

するとユキはあることに気が付いた。なぜこうやってリクのニュースが流れるのに江原先生が会いに、そして試合を見に来てくれないのか。

ここでナズナはもう一つの事実を伝える。

それは・・

実は江原先生は解離性建忘、つまりリクとの記憶がなくなっていることを・・。

ユキの気持ち

話を聞きながらやっぱりリクは江原先生が好きなんだと気づいたユキ。

そして江原先生が記憶がなくなっていることに一瞬安心してしまっている自分がいた・・。

 

一方でネットにある書き込みが。それは・・

「リクは小学生のころに人を殺したことがある」

 

以上【第222話、江原先生】ネタバレでした。

感想

江原先生はリクとの記憶がなくなっているという衝撃の事実がユキに伝えられました。そしてリクがボクシングを始めるきっかけを知ったユキ。

江原先生に嫉妬心を感じているユキですが、おそらくリクのために江原先生を連れてくるという行動に出そうな気がしますよね・・そしてリクは江原先生に強くなった自分の姿を見せるために頑張る的な。あくまで予想ですが。

そしてネットではリクが人殺しであることが書き込まれますが、いったい誰がそんなことしたんでしょうか!一応俺の同級生とは書いてますが・・

次回はこのネットへの書き込みからの展開が中心になりそうですね!次回は1月10日発売の週刊ヤングジャンプ掲載予定です!