童子軍艦【第3話】ネタバレ、感想!フェイの作戦は信長が長篠の戦いで見せた・・!?
前回のあらすじ

帝国から逃げたフェイはナギという名の女性に助けてもらう。そこで訪れたナギが住んでいる村のマリッドの村。この村にゴブリンの魔の手が迫っていた・・

より詳しいネタバレは前回のネタバレをチェックしてください。

以下12月27日発売週刊ヤングジャンプ掲載【第3話、初陣】ネタバレです。 

童子軍艦【第3話、初陣】ネタバレ

フェイの作戦

フェイが提案した作戦。

それは「信長公記に記載されている戦国武将の策」。

 

しかし・・

「駄目だ出来ない」と断る村長。

村長は村人の命をいきなり現れたよく知らない者に任せるわけにはいかないとトボトボ村の方へ戻っていった・・。

どうするフェイ!?

ゴブリンの魔の手が迫る

ゴブリンはとうとう村への入口を破壊し侵入・・!

ニンゲンを探しながら進んでくる。

その時隠れていたフェイが見つかってしまう!

逃げるフェイ。

 

そこには村人が作ったバリケード!!

しかしいとも簡単にバリケードは壊されてしまう・・!

「ニンゲンヨワイです・・」

足もとのツボを割りそのかけらを投げてくる。

フェイの体に命中・・!

その先はもう逃げることができない行き止まりになってしまった・・

絶体絶命・・!

 

しかし微笑むフェイ。

その時、突然周りのは火の海に!!

焦るゴブリンたち・・

フェイは上からナギに救出してもらった。

信長の作戦「馬防柵」

フェイが行ったのは長篠の戦いで信長が実践した作戦「馬防柵」

  1. わざと壊れやすい柵(バリケード)を作る
  2. 相手はこの柵の貧弱さに相手のことをなめてしまう
  3. なめた相手はいとも簡単に敵地に入り込んでくる
  4. 入り込んできたところを仕留める

この作戦によりゴブリンはまんまと罠にはめられ火の海に飲み込まれてしまった・・。

 

ナギはフェイの姿を見て思った。

帝国とたたかうにはノーム族の力が必要だと。

そして「あの人に会わせてみよう」と。

 

フェイは信長、家康、秀吉の戦国の策は通じる。

「絶対に帝国を滅ぼしてやる」と決意する・・。

 

以上【第3話、初陣】ネタバレでした。

感想

まさかフェイの作戦でわざとゴブリンに追いかけられていたとは思いませんでした。バリケードが壊されるシーンなんかよくありそうというか、普通に流し読みしてしまいましたが作戦の重要な部分だったとは!僕自身も騙されてました。

この馬防柵がすごくうまい作戦だと思いました。いわゆる心理的作戦ですね。僕自身は戦国武将には詳しくないのですが、結構有名な作戦なのでしょうか?戦国武将好きの方であれば童子軍艦はもっと楽しく読めそうですね!!

あとは追いかけてくるゴブリンがいちいち言う言葉が迫力があるというか、ほんと気持ち悪いというか雰囲気があるんですよね。。これはマンガで読まないと伝わらない童子軍艦の良さだと思います。

さて、ナギがフェイに会わせたい人がいるようですが、次回はその謎の人物が現れるのでしょうか!?次回もすごく楽しみですね!

次回週間ヤングジャンプは1月10日発売「06、07号」となっています。楽しみにしておきましょう!