約束のネバーランドのネタバレ!【第114話】子供の成長とエマの決意

w・ミネルヴァの指示で「ライオンのあご」へ向かうエマ達。

以下【第114話一つづつ】ネタバレです。

第114話【一つづつ】ネタバレ

子供たちの成長

「多分10日くらいでつくと思う」

ユウゴやルーカスを思い浮かべ決意した表情のエマ。

旅程は3日目へ・・

 

子供たちはみんなつらそうな表情をしている。

年少者にとっては今のペースでもつらいだろう。

なぜなら55人という大人数。小回りもきかず、食べ物、眠る場所を探すのも6人の時とは勝手が違うからだ。

さらに鬼やラートリー家への警戒による緊張感が疲労をもたらしていた。。

 

エマ達は食料を集めるが季節のせいかうまく探せなかった。

そこで年少者たちは言った。

「僕たちも一緒にご飯探しに行かせて」

キノコの毒の見分けに手こずるエマとドン。

すると子供たちは簡単にキノコの毒を見分け草の食べ方まで指示して見せた。

 

・・・エマとドンは目を合わせた。

 

さらにイベットはサルの足跡を探している。

なぜならサルが食べれるものは人間も食べれるとユーゴが言ってたからだ。

するとサルを発見。サルが落とした食べ物を含めたくさんの食糧が集まった。

「すごい・・」

驚くエマとドン。

ジェミマは微笑みながらながら言った。

この2年間私たちいろんなことができるようになったんだよ

過去のユウゴとルーカスとの場面が映し出される。

「全員ユウゴとルーカスの弟子だもん」

「エマ達もちゃんと休んでいいんだよ」

バカだな私は・・

エマは子供たちの成長に気づけていなかった。

どんな大変な旅だって大丈夫。

 

「いただきます」

 

旅程8日目

「やっぱり10日で到着は難しそうだな」

レイは言った。

「でも全員無事で全員生きてる」

とエマ。

本当は不安でいっぱいだった。

 

シェルターを失って

支援者を失って

ユウゴ達まで失って・・

ほんとはフィルを助けに行った方が・・

 

考えれば考えるほど不安になったが、子供たちに気づかされた。

そんな時こそまず目の前のことからクリアしていくんだ

 

「エマ・・」

 

その時鬼の気配がした!

子供たちを置いて走るエマ、レイ、ドン。

 

そこには鬼に囲まれた2人の人間・・!?

 

以上【第114話一つづつ】のネタバレ記事でした。

感想

子供たちの成長、それに気づかされるエマ達の心情がうまく感じられるストーリーでした!

次号はとうとう鬼との遭遇、さらに2人の人間の正体は・・!?

次回も楽しみです!