チェンソーマン【第5話】ネタバレ、感想!やっとやる気を見せるデンジとパワーの能力。

前回はマキマの指示により、新登場のデビルハンター「パワー」と組み、任務を遂行することになったデンジ。しかし、デンジの頭は女の胸を揉むことでいっぱいだった・・。

以下【第5話、胸を揉む方法】ネタバレです。

【第5話、胸を揉む方法】ネタバレ

「わしは血に飢えているんだ!」

とデンジの頭をひっぱたくパワー。

しかしデンジの頭の中は女の胸を揉むことでいっぱいなので頭をたたかれても許せてしまうらしい・・。

 

マキマが言うには

パワーは魔人の中でも理性が高いので早川の隊に入りデビルハンターとして雇われているらしい。

しかし、デンジ同様、実験的に作られた「公安隊魔 特異4課」の部隊の人員だということ。

結果が出なかった場合は・・

登場人物A

結局デンジもパワーも魔人なので結果出せなかった場合は公安に殺されてしまうということですね!

悪魔登場

とにかく悪魔を倒したいパワー。

しかしパワーは超恐れられてた悪魔だったらしいので雑魚悪魔が寄ってこないと愚痴をこぼす。

するとそのとき・・

「血の匂いじゃ」

パワーが悪魔の匂いを嗅ぎつけ走り出した!

 

手にはどでかいハンマーが出現。

そして民間のデビルハンターがいるそばで「ナマコの悪魔」を一撃で倒してしまった・・。

 

マキマが言うには民間が手を付けた悪魔は公安が殺してはいけなかったらしい。結局勢いで悪魔を殺してしまったパワーとそれを止めなかったデンジは怒られてしまった・・。

にゃーこの仇

怒らた2人は自販機のそばで話していた。

じつはパワーは猫のニャーコを悪魔に連れ去られてしまったらしい。

そのニャーコを助ける前にマキマに捕まってしまったので、まだニャーコを助けたいと思っている。

デンジは犬のポチタのこともあったのでちょっと気持ちがわかるようだ。

 

その時パワーが

「ニャーコを取り戻してくれたら胸を揉ませてやるといったらどうだ?」と提案。

すると・・

「悪魔がよお!!猫をさらうなんてよお!!ゆるせねえ!!」

デンジは気合が入ったようだ。

 

以上【第5話、胸を揉む方法】ネタバレでした。

感想

2話目以降終始やる気がなかったデンジですが(1話もかな?)、胸を揉むことが目的とは言え次からはやる気ある行動をとってくれそうでよかったです。

個人的に1話目はすごくおもしろかったのですが、2話目以降盛り上がりが下がったかなという印象ですねチェンソーマン。

悪魔の力を持った主人公のデンジ、そしてパワー、で今後出てくるであろう悪魔を倒すという設定と

公安、民間のデビルハンターという現代的な設定は面白いと思うので、今後の盛り上がりに期待したいところです。

次回は悪魔を倒すことにやる気が出たデンジがどんな働きをしてくれるのか?という話になりそうですね!期待しておきましょう!

次回は1月21日発売の週刊少年ジャンプ掲載予定となっています!