ダイヤのエース【第151話】ネタバレ、感想!由良総合の監督はなんでもお見通し!?

前回は2-0と由良総合リードの展開から青道の攻撃が始まりました。青道はうまく攻撃がかみ合い1,2番の長打で2-1!その続きとなります。

以下【第151話、同じ球】ネタバレでず。

【第151話、同じ球】ネタバレ

3番、4番の攻撃

青道の1回裏の攻撃ノーアウトランナー2塁の場面。

3番白州は内野ゴロでランナーすすみ1アウト3塁。

4番御幸は明らかに勝負を避けられ、フォアボールで1アウト1,3塁と進む。

早速由良総合はベンチからの伝令

流れは青道に・・!?

5番前園健太

1球目、由良総合のピッチャー北方は大きなカーブを投げストライク。

その後も大きなカーブ。

何と3球同じカーブを続け、前園はセカンドライナーでアウト!

北方はいたって強気。前園は面食らったような表情だ。

その間1塁ランナーは2塁へ進むが完全にバッター勝負だった。

 

監督もいいコースに投げているから正面にボールが飛ぶと作戦通りのようだ・・。

由良総合の監督の心の中

いつからかグラウンドにいる奴の考えていることが手に取るようにわかるようになった・・。

一生懸命だから

態度や

仕草や

表情に出る!

そして自分が下した決断に選手たちが必死に答える。

「なあ鉄心」

こいつらとの野球が楽しくて仕方ねえぜ。と。

登場人物A

とにかく由良の監督は選手の考えていることはお見通しみたいです。その監督の考えを上回る力を青道のみんなには見せてほしいですね!もちろん鉄心んも相手が面食らう作戦を見せてほしい・・

結局スリーアウト!

 

そして由良総合の攻撃へ・・!

鉄心は沢村にグーポーズ!

沢村も気合が入る!

 

以上【第151話、同じ球】ネタバレ

まとめ・感想

今回のダイヤのエースは「選手の表情」が重要ポイントとなっていました。

同じ球を続けられ焦った顔の前園、そして由良総合のピッチャー北方は強気の表情。そして由良の監督はその表情から、考えを読むことで結果的に1点どまりとなり監督の作戦通りといったところでしょうか。

最後は次の回に向けて沢村も気合が入っていましたが、流れはまだ由良総合に傾いている気がします!どんな対応を見せるか気になるところです!

次回のダイヤのエースは1月16日発売の週刊少年マガジン掲載予定です!、