前回(第585話)のあらすじ

奏趙大戦13日目。

前回、尭雲の鉄の包囲網である「雷獄」を潜り抜けたと思われた王賁。しかし尭雲の攻撃が刃が迫ろうとする・・!その瞬間王賁をかばおうとする関常・・!という展開でした。

今回のキングダムは巻頭カラーです。以下【第586話、二突きの勝負】ネタバレです。

【第586話、二突きの勝負】ネタバレ

関常の命、結末は!?

「そのまま走れ!」

王賁をかばう関常。

持っている槍で尭雲の攻撃を防ごうとするが、武器もろとも攻撃を食らい吹き飛ばされる。

さらにとどめの二発目!

その時・・!

王賁の槍が尭雲の顔をかすめる!

王賁は関常を守るため雷獄へ戻った!!

登場人物A

逃げずに関常を守るために戻る王賁!かっこいいですね!王賁の攻撃が尭雲をとらえていれば良かったのですが、また雷獄に戻ってしまうことになります。

王賁VS尭雲

また雷獄を脱出しようとするが、尭雲の攻撃が王賁を襲う。

武器で受け止めるが、強烈な一撃に腕の感覚がなくなっていく・・!

「全力は撃てて2突き、しかし2突きあれば・・!」

松琢と宮康に両脇を守らせ、尭雲の首を狙う覚悟を決める!

 

全ての力をこの「龍指」に!!

 

1突き目!尭雲の右腕を貫く!!

2突き目!

「これで最後だ!」

 

しkし尭雲は貫かれた右腕をものともせずに刃を振りぬく・・!!

 

王賁はその場に倒れてしまった・・。

終った。

しかし関常が

「まだ終わっていない!」

と若を連れ出して脱出することを指示!

そして「王鳳にはまだ・・」

「飛信隊が残っている!!」

と戦意は失っていない・・!

 

その時倒れていた王賁がピクリと反応した。

まだ生きている・・!

 

以上【第586話、二突きの勝負】ネタバレでした。

感想

今回は息つく暇のない王賁と尭雲の戦いでした。

とりあえず尭雲強すぎます。目が白目か黒目かどこみてるのかわからない状態でガンガン切り付けてくるのでめちゃくちゃ迫力ありますし、腕粉砕されても関係なく切り付けてきますからね。ただの馬に乗ったキラーマシンですね。

とりあえず王賁はまだ生きているようで、飛信隊に希望を見出してますが、この状況から抜けだすのはかなり不可能なのでは!?と思います。尭雲に襲われたら最後ですが、もしかしたら王賁が破壊した右腕が悲鳴を上げ何とかなる展開があるかもしれませんね!

次回のキングダム【第587話】は1月24日発売の週刊ヤングジャンプとなりますので注意してください。今週は合併号ですので!

次の展開を楽しみにしておきましょう!