ダイヤのエース【148話】ネタバレ。いつもと違う沢村の様子

山良総合との1戦。山良総合の奇襲攻撃が成功し、次の展開は!?

以下第148話ネタバレ記事です。

ダイヤのエース【第148話、足元】ネタバレ

1回表、無死2塁。

足があるランナーを警戒する沢村。

 

「片岡監督の師匠で青道野球の祖であるなら手堅く来てもおかしくない」

御幸はバントを警戒するがバッターはそのそぶりがない。

「当然進塁打はを狙っているよな・・」

牽制のサインを出す御幸。

牽制する沢村。

「さすがだ」

ほめる山良の監督。

「神経をすり減らしてもらおう」

セーフティの構えで揺さぶりをかけられ、ボールツー、そして結局フォアボール

沢村は珍しく簡単に四級を与えてしまった。

「ファーストプレイの悪送球を引きずっているのかもな・・」

 

マウンドに来る御幸。

「1っ発もらっとくか?」

3回しか取れないタイムを提案するが断る沢村。

「なら腕を振れ、ここをしのいでうちに流れを持って来ようぜ!」

胸をグラブでたたく御幸。

「はい!」

デカい返事をするが、様子がおかしい沢村。

 

体がふわふわして足に力が入らねえ・・

 

3番打者がバントの構えで揺さぶってくる。

 

3塁で仕留めてやる

 

沢村は思い切ってストレートを投げた・・!

 

しかし相手はヒッティング!詰まりながらもレフト線へ。

 

2塁ランナーは3塁を回りホームイン!

 

先制は山良総合!打たれました先発沢村栄純!!

 

以上【第148話足元】ネタバレ記事でした。

感想

いつも通りの球を放れば抑えれるであろう沢村ですが、何か様子がおかしいようです。スポーツしてるとスタートが難しいのは理解できますけどね!足がふわふわするなど、相手監督の思惑にも乗せられてるのかもしれません。

ここで踏ん張るのか、まだ相手の流れが続くのか次回の展開が気になるところです!