ダイヤのエース【第152話ネタバレ】感想!沢村は気持ちが入っっているが・・1月16日発売週刊少年マガジン

前回は青道の反撃が続くか!?という展開でしたが、由良総合のピッチャーの気合と監督の戦術眼で1点どまり。結果1-2で次の回へ・・

以下【第152話、知らず知らず】ネタバレです。

【第152話、知らず知らず】ネタバレ

3年生の思い

それは1週間前。

引退する3年生のために行われる「引退ノック」

ノックは片岡監督、ボール拾いはレギュラー陣が務め、3年生本人たちが納得するまで続けられる。

3年生がこれまで費やしてきた時間や意地、そして限界までノックを受け続ける先輩たちの姿。

 

沢村は先輩の思いを背負いながら、マウンド上で投げていた・・!

由良総合の攻撃をかわす御幸

場面内野ゴロでツーアウト。

しかし、ランナーも一人出ている中で相手はエンドランを仕掛けていた。

「ほんと抜け目ないな」と御幸。

ここで

  • 8番バッターにチェンジアップをヒットにされたこと
  • 1球ごとに監督がサインを出していること

からリードを読まれていると感じた御幸は読まれても撃たれない球を沢村に要求

見事にバッターを打ち取りスリーアウトとなった。

 

「ほう」相手監督は御幸がリードを変えてきたことに感心。

そしてここからの由良総合の監督の思惑は

  • 北方(ピッチャー)に次の回を任せ、残りは東山、大須に託す
  • 常に先手を打ち主導権を握り続ける
  • 沢村が調子を取り戻す前に切り崩す

青道の攻撃へ

沢村の気合!?

2回裏、続ける2アウトとなりバッターは沢村。

ここで絶妙なボテボテのゴロ。

ここでみんなの気持ちを背負い気合が入っている沢村はヘッドスライディング

しかし結果はアウト!

ピッチャーがヘッドスライディングをしたことに観客席では

「まじかよ・・」

「これぞ高校野球」

「ケガしたらどうすんだよ」

様々な意見が。

 

ベンチに戻り謝る沢村。

落合は「冷静な判断ができていない」と。

御幸はそんな姿を見ながら、前の回でカットボール改も当てられるほどストレートが走っていないことを心配している様子。

「このままの状態が続くなら・・」

 

3回表、由良のヒットから始まる・・!

以上【第152話、知らず知らず】ネタバレでした。

感想

3年生の思いを含め気持ちが入っている沢村ですが、それがうまい方向に働いていないという話でした。

ヘッドスライディングするほど気持ちも入っていますが、ヘッドスライディングはケガのリスクもつきものなので周りの反応もあまりいい反応ではありませんでしたね。しかもまだ2回裏ですから。

とにかく「空回りしている」という言葉が今の沢村の状態を表していると思います。三回表に入り一人目にもヒットを打たれてしまいました。

次回はとうとうピッチャー交代を告げられるのでしょうか。とにかくなにか動きがありそうですね!

次回のダイヤのエースは1月23日の週刊少年マガジン掲載予定です!