はじめの一歩【第1249話】ネタバレまとめ感想!ギャグ回!宮田登場!?

前回は泰平の兄貴が「青木」であることが判明し、「青木家の過去」と「犯人の兄貴に罰を与える」といっていた鷹村が7年殺しを青木にお見舞いする回でした。

そして今回は、クミがデート中に一歩の姿を「ポカモンのはげチュー」に重ね思わずチューをしてしまった後の続きの話。ギャグ感満載の【第1249話】でしたw

以下ネタバレをまとめています!

はじめの一歩【第1249話】ネタバレまとめ

クミが一歩の頭にキスした理由w

1249話はクミの小さい頃の回想シーンから始まります。

それは兄貴(間柴)に「ポカモンのはげチュー」を捨てられ泣きじゃくるクミ。

しかし「はげチュー」を返してもらうと、その嬉しさと触り心地から頭にキスをします。

 

そんなことを考えていたら一歩の頭とはげチューの頭を重ねてしまい、無意識のうちに一歩のはげ頭をなでなでしながらキスをしてしまったようです。

しかし一歩は犯した罪から海を見ながら無の境地に入っていたようで、キスされたことを全く知らず。

後ろで見ていた泰平と金田がキスされたことを伝えると

「そんななでなでされたら固くなっちゃうよ」

と信じない様子の一歩。

さらに不覚にもキスをしてしまったクミは2人をにらみつけ、絶対にしゃべらないよう口止め。

そんなクミに2人は人外だ」と口にし、ビビった様子の2人でした・・。

登場人物A

これまで「人外」というワードが重要なキーワードのように使われてきましたが、まさかこんな場面で使われるとはw完全にかぶせ技ですね。

3人の頭文字をとると・・○○○

幕ノ内一歩、青木泰平、金田欣太郎のはげ頭の3人がジムの前を掃除している。

そこに現れた鷹村が

「寺の住職か!」

とキレた。

さらにはげ頭3人の影がちんこの形を作り出す。

そこで鷹村は幕ノ内の「ま」泰平の「た」欣太郎の「きん」これを合わせて

「タマキンかよ!」

とまたキレます。

試合前ということでピリピリしているようです。

宮田登場!

木村たちは3人が掃除している姿が寺の住職みたいだと笑っている。

板垣が「その姿を見たい」と走る。

 

そして3人はロード―ドワークの途中、いつもの木のそばで話している。

事件の時のこと、ボクシングのこと・・。

その時一歩の前に現れたのは「宮田!」

寺の住職を見に来たわけではない!

 

以上ネタバレでした。

感想、口コミ

今回の一歩は笑いどころが多かったですねwはじめの一歩のお笑いが好きな人はぜひ漫画で読んでみてください!

ただ世間の反応(ツイッター上)としては、もちろん笑ったという意見もあったのですが、ボクシング漫画としてのはじめの一歩を求めてる意見が多いようです。

実は最後一歩が2人と話す場面では「好きなことしかしないということは楽しい事ばかりとイコールではないよ」と言ってます。この意見は作者の意見ではという反応もあり、確かにと納得してしまいました。

さて今回の話では宮田が登場しましたが、次回は休載なので1月30日発売の週刊少年マガジンで宮田がどんな話をするのか。楽しみにしておきましょう!