約束のネバーランド【第119話】ネタバレ、感想!ノーマンとの再会とノーマンがいた農園とは!?

前回、エマ達はハヤトやジンのアジトにつくことに成功。そして。そのアジトのボスであるミネルヴァと思っていた人物がなんとノーマンだった・・

今回はノーマンとの再会からの話です。以下【第119話、邂逅(かいごう)】ネタバレです。

【第119話、邂逅(かいごう)】ネタバレ

ノーマンとの再会

「嘘、どうして?」

出荷され、鬼に食べられたと思っていたノーマン。

「ノーマンなの?」

「エマ」

エマは涙を流しノーマンに抱きついた。

そしてエマは「なんで?あの時出荷されたのに・・」と質問をぶつける。

ノーマンは

僕だけ別の農園に送られていたんだ」と。そして話をしながらエマの左耳がないことに驚く。

登場人物A

エマはGFハウスを脱獄する際、囮として耳を部屋に置いてきてます。当然ノーマンはそんなこと知らないので驚きますよね・・

エマは

「でも脱獄はできた!」

と連れてきた仲間も登場。ノーマンを知る子供たちもいっせいに抱きついた。

そしてレイ。

レイはノーマンをいきなりビンタ!

そして涙を流しながら「生きててよかった・・!」とエマ、ノーマンに抱き着いた・・。

ノーマンはなぜ生きているのか!?

エマはフィルたちがまだハウスにいることを伝える。

 

そしてノーマンは自分の話を始める。

  • ノーマンがいた農園は「Λ(ラムダ)7214」食用児の実験場
  • 胸についているマークはアダムと同じ西の果ての新農園のもの
  • ミネルヴァの支援者の力を借り、共犯者とラムダを壊し、脱獄してきた
  • 支援者とは「スミー」と名乗るクローネにペンを与えた人。今は殺されてしまっている

などなど。

そして、農園の造成やラートリー家への脅しなどいろいろ都合がいいので実はノーマンはミネルヴァを名乗っていたと語った。

そこでレイが

「聞きたいことが山ほどある」

とラムダのことや、アジト、ハヤトやザジ・・・

しかしその前に聞きたい事。それは

「ノーマンが何をしようとしているのか?」

農園を襲い壊し、この楽園(アジト)を作ったり・・

 

そしてノーマンは答える。

「その質問に答えるには話しておかなければいけないことがある」と。それは・・

「鬼とは何なのか」

 

以上【第119話、邂逅(かいごう)】ネタバレでした。

感想

ミネルヴァと会えると思っていた人物がまさかのノーマンからの話でしたが、ノーマンはいろいろと都合がいいのでミネルヴァの名前を利用していたんですね!

またΛ(ラムダ)や「スミ―」というミネルヴァの支援者など新しい情報がガンガン入ってくる重要な回でした。また次はノーマンが鬼とは何なのか?について話してくれるようです。「なぜ鬼は人間を食べなければいけないのか?」とも話の中で言っていたので、人間を食べなければいけない理由がありそうですね・・

また話の途中ちらっと「フィル」の名前も出ました。もちろんGFハウスに残してきているのでその話が出てくるのは当然なのですが、フィルは今後おそらく重要人物となるであろう人物なので、ちらっとだしたのかな?とも思いました。

また次回の約束のネバーランド楽しみにしておきましょう!

そして現在テレビアニメとして約束のネバーランド放送中です!【第1話】についてもまとめていますので気になる方はご覧ください!

>>アニメ約束のネバーランドネタバレまとめ<<