前回333話のあらすじ

前回は梟谷劣勢の展開でセッターの赤葦がアウト、1年の穴掘秀一がインした。ベンチに座った赤葦は自分にできることを整理する中、第1セットは狢坂に先取されてしまった。しかし第2セット、切り替えに成功した赤葦が木兎にドンピシャのトス!アタックが決まった!

以下【第334話、ネガティブ限界突破】ネタバレです。

【第334話、ネガティブ限界突破】ネタバレ

冷静になった赤葦

  • 得点から次のサーブまで約10秒
  • 勝敗やミスを後悔する暇はない
  • ローテから相手の出方を見て自分のすべきことを考える

と冷静に考える赤葦。

相手の攻撃のチャンス!

しかしこれまでのパターンから可能性の高い真ん中のコースを読みカバーに入る。

迷った相手はブロックに当ててしまう。

そのままラリーとなり最後は相手のブロックに当たったボールを木兎がダイレクトでスパイク!!

得点は梟谷へ!

会場が木兎の味方に

木兎のプレー、そしてプレー後のパフォーマンスに会場が

「すげえ」

「白の4番かっこいい」

と沸き立ち始める。

そして木兎サーブ。

会場は「木兎コール」に包まれていく・・!

木兎は

「世界が!!俺に加勢している!!」

と追い風に乗りサービスエース!!

どんどん会場を巻き込んでいく・・!

そして2回目のサーブも強烈!崩れた中から桐生がスパイクしてくるも見事にブロック!

第2セットは梟谷へ!

狢坂のベンチ。桐生の思い

「対木兎ブロック辞めるか?」

「攻撃は最大の防御!!」

と作戦を考える狢坂のベンチ。

そんな中桐生は

「楽しいこそが最強」

と木兎のプレーに感心し少し弱気になっていた。

しかしそんな劣勢の流れの中でも周りの仲間は桐生をいつも通りボケたり突っ込んだりじゃれあっている。

桐生は「お前らは強えなあ」とつぶやきまた木兎のこと、そして自分のことを考える。

 

木兎光太郎が怖い。そして仲間の鼓舞や期待なども怖く、プレッシャーに感じていた。

しかし「弱いくせに何を一丁前に」とプレッシャーを感じている自分にあきれて微笑む。

 

そして自分には自信はないが仲間に恵まれた自信はある。

逃げ出すくらいなら自惚れろ

と切り替えた桐生はスパイクを決める・・!

 

以上【第334話、ネガティブ限界突破】ネタバレでした!

感想

赤葦の気持ちの切り替えから木兎のノリノリの攻撃、そして桐生の気持ちの切り替えと、めまぐるしくそれぞれの気持ちが動いていく回ですごくおもしろかったですね!

とくに桐生が考えていることが凄く理解できました。自分は大したことないのに無駄にプレッシャーを感じているとか確かに自惚れだなと。スポーツやってるんで生かそうかと思いますw

またお互いのチームが最高の状態に近づいてく中、試合がどんな流れになるのか予想が難しいですね!ただ木兎コールが起こるほどの展開にはなっているのでまた木兎が活躍する姿は出てきそうですね!

また次回のハイキュー【第335話】楽しみにしておきましょう!!