リクドウ【第224話】ネタバレ、感想!リクはボクシングをやめる!?SNSの波紋!

前回はリクが人殺しであるというニュースがネット上に回り、リクの仕事場へキャンセルの電話が相次ぎ、リクの家、そして馬場拳闘ジムには多くのマスコミが押しかけていた・・

以下【第224話、問われる覚悟】ネタバレです。

【第224話、問われる覚悟】ネタバレ

もめる仕事場

「それ以上芥生を悪く言うんじゃねえ!!」

と森本が職場の同僚ともめている。

そしてまた殴るかかろうとする森本をリクが止めに入る。

同僚は会社が詰みそうになっているのは芥生のせいだ、前科をばらしたせいで依頼先がキャンセルするようになったと文句を言い

お前が王者にならなけりゃ皆迷惑せずに済んだんだよ

と吐き捨てた・・。

呆然と立ち尽くすリク。

そこに社長が止めに入る。

「気にすんなリク」

とそのうち騒ぎは収まるからと心配してくれた。

リクの気持ち

リクはスマホのニュースを見ながら

ボクのせいでジムまでも・・」

と迷惑をかけていることを心配している・・。

そこに現れたのは三原の妹のナズナ。

ナズナは

「家に戻るとマスコミが張っているから一旦図書館に身を隠して

と助言。

そして苗代もマスコミに接触しないよう図書館に行かせたことを明かすナズナ。

リクは図書館へ向かった・・。

苗代がとうとう江原先生の話をする・・

リクは苗代を見つける。

また僕のせいで迷惑をかけてしまった?

と苗代を心配するリク。

しかし苗代は「別に何も」とリクを責めることはしない・・。

しかしリクは苗代も社長も森本も誰も自分を恨もうとしないことに疑問を感じている・・。

 

そして

お前が王者にならなけりゃ皆迷惑せずに済んだんだよ

と言われた言葉を思い出し、実際はみんなをめちゃくちゃにしていると感じるリク。

そして皆をめちゃくちゃにしてまで世界チャンピオンを目指すという覚悟を持つことに不安を感じながら・・

「一緒にいてくれた皆を苦しめるくらいなら・・」

僕はリングを降りたいよ!

と思わず声に出してしまったリク・・。

 

それを聞いた苗代は

「やっぱり私じゃ無理か」

と先生みたいに支える人にはなれないみたいと語った・・。

「せんせいって・・」と聞き返すリク。

苗代は納得したような表情で「江原先生の事よ・・」と答えた・・。

 

以上【第224話、問われる覚悟】ネタバレでした。

感想

今回は主にリクの気持ちに関する話でした。

ただでさえ目的を失っているところにフェイクニュースが流れてしまい完全に心を折られてしまったようです・・。そんなリクを結局助けることができなかった苗代はとうとう江原先生の名前を伝えます。

ここまでは前回の話を読んだときに予想した通りでしたw

次回は江原先生のもとに足を運ぶことになりそうですね!しかし記憶を失っている先生を見たリクがどんな反応をするのかすごく気にななります。

次のリクドウは1月31日発売ヤングジャンプ掲載予定です!