約束のネバーランド【第120話】ネタバレ、感想!鬼とは?そして農園ラムダの役割とは!?

前回はノーマンとの再会。そしてノーマンがこれまでどうしていたのかを知ることができました。

今回は「鬼とは何なのか?」の答え。かなり重要な回となっています。

以下【第120話、形のない怪物】ネタバレです。

【第120話、形のない怪物】ネタバレ

鬼とは何なのか?鬼の正体

「奴ら(鬼)はヒトを食べなければあの姿も形も保てない

ノーマンは続ける。

 

もともとは細菌に似た何かだった。

細菌は主に分裂によって数を増やしていく。

これだとただの同一の個体が増え続けるだけだが、そこでカギとなるのが

「突然変異」と「水平伝播」

水平伝播とは他の生物に遺伝子を取り込むこと

つまり、鬼たちは食べることで進化する

食べた遺伝子の形質を受け継ぐので

虫を食べれば虫のように、魚であれば魚のように。これを繰り返し進化していく過程で

「ヒトを食べた」

ヒトを食べることで高度な知能や言葉を手に入れ、驚異的な速度で進化していった。

つまり「人間は鬼たちの大好物」となった。

 

しかし、そんな鬼にも急速な進化による代償があった。

それは・・

食べ続けなければ形質を保てないこと

ヒトを食べなければ形も知能も保つことができないのだ・・。

 

そのため鬼たちは農園を作り、食用児を養殖する。

しかし、そんな中で起きている問題がこの1000年粗悪な量産肉を食べ続けた鬼の形質保持能力が弱まっていること。つまり人の能力を保てない。

もし半年もヒトを食べなければ知恵を失い、野にかえってしまう。下級鬼たちの不満が社会問題となっていた。

 

そしてノーマンが出した結論が

農園をつぶせば鬼は滅ぶ

農園ラムダの役割

しかしエマやギルダにある疑問が

「全部の農園をつぶすなんて人間にできるの?」

 

ここでまたノーマンが話し始める。

ラムダの役割。

もっと多種多様な高級肉、もっと質のいい量産肉。

鬼が求める人肉を「鬼の5つの貴族とラートリー家が手を組み」ありとあらゆる手段で生み出す。

それが「試験農園Λ(ラムダ)7214

 

その中で繰り返される投薬と実験による品種改良の過程で異常な発達を見せる個体が次々と発生した。

 

例えばザジの刀一振りで鬼3人を倒す力。

ハヤトの足の速さ。

アダムの怪力や回復の速さなど・・。

 

「この力を鍛えれば鬼にも勝る戦力になる」

そしてノーマンがずっとラムダの中で考えていた事。

エマが望むであろう家族みんなが笑って暮らせる世界を作る。

ノーマンが出した答え。

鬼は絶滅させる、鬼世界に全食用児の楽園を築こう

 

以上【第120話、形のない怪物】ネタバレでした。

感想

今回の第120話は核心に迫る非常に重要な回となりましたね!

  • 鬼は人を食べ続けなければいけない
  • ラムダは高級人肉をつくる実験場

が今回のポイントでした。

つまりエマたちがGFハウスで能力を鍛えられていたのは、それを食べる鬼たちの能力に還元するためだったんですね!

またラムダで作られた突然変異的な能力をノーマンが鍛えて戦力にする!と言っている姿が、一瞬怖く感じましが、約束のネバーランドの話の展開としてはどう考えているのでしょうか?

現実世界だと遺伝子組み換えでつくる能力はあまり良しとされてないので、次回のエマたちの反応でその答えがわかると思います!

次回の話もすごく楽しみですね!!