1月30日発売の週刊少年マガジン掲載のあひるの空【第612話】のネタバレ記事です。前回は第1ピリオド終了のホイッスルが吹かれました。

また、U-NEXTの31日間無料トライアルを利用すると、最新の週刊少年マガジンを無料しかも2冊分読むことができます!ネタバレ前に読みたい方は公式サイトをチェックしてください!⇒>>ユーネクスト公式サイト<<

(2019年1月時点)

【第612話、FIN⑯】ネタバレ

白石の鷹山に対する苦言

第1ピリオド終了ー!!

「惜しい」

と終了間際に放った3ポイントが決まるものの、時間切れノーカウントとなった鷹山。

すると白石が

遅せえよ、時計見てなかったのか

と厳しい言葉を投げかけた・・。

観客席の反応

ベスト8でこんな差があんの?

とざわつく観客席。

やっぱ全国区じゃなかったのかなとクズ高の実力に疑問を覚える声も。

観客席には蒲地の姿も。

「お前らにこの舞台は速かったな」と予想通りの展開を冷静に見ていた・・。

八熊と白石の会話

21点差の状況で3ポイントを狙い、鷹山にパスを出した白石に疑問を呈する八熊。

すると白石は

「決めきれなかったのはあいつが下手だからだ」

「お前の方が確実なら最初からそうしたよ」

とはっきり口にした。

八熊は茂吉に止められるってか?と不満そうな反応を示した。

やりあう空と鷹山

こんなもんかとあきれた様子で空の方に視線を送る鷹山。

すると空は

鷹山君、思ったほどじゃなくて良かった

と笑顔で言い放つ。

絶望的な点数だと全く思っていないと自信満々の空の様子を見て、

鷹山もそうこなくちゃと気を引き締めた・・。

クズ高の作戦は!?

「特にいうことはない」

といきなりふざけた表情の監督。

その発言にメンバーも同じ表情で返す。

しかし対はまじめな表情で語りだす。

「個々の技量なら点差ほどの差はない、勝てるポイントは必ずある。ヒントは茂吉の2ゴールだ」

そして夏目には

「お前はまだ本気出していないだけだ、なるべく長い時間、不破を引っ張り出せ」と夏目に火をつけようと挑発するようなアドバイス。

 

そして空には

「お前は5分で15点は返せるな?」

と発破をかけた。

 

対して大栄の酒巻監督は

「おそらく最後までマンツー、点取り合戦だ」

 

第2ピリオド開始!!

 

以上【第612話、FIN⑯】ネタバレでした。

感想

最近、マガジンの後ろの方に合ったあひるの空。今回は中盤に掲載、内容の濃いインターバルの話でした。

油断のない白石は鷹山と八熊に火をつけるような発言で、もっとプレイの強度が増しそうですね。

たいしてクズ高も夏目と空に火をつけさせるような発言。

第2ピリオドはそろそろ空が活躍しだすのでしょうか。だいぶ強気の発言をしているのでそうでないと困りますw

とにかく第2ピリオドの始まりは注目したいですね。最初のプレイで流れが決まってきそうです!

次回のあひるの空も楽しみにしておきましょう!