前回は空手、カポエイラととにかく練習を続けるいっちの姿、そしてとうとう決戦の日。B.Jが現れカメラ越しに両親との再会を果たしたいっちでした・・。

またU-NEXTの31日間無料トライアルを利用することで週刊ヤングジャンプ、または現在発売中のバトゥーキ1冊を無料で読むことができます。また試し読みも可能です。(2019年1月時点の情報です。詳細は公式サイトで確認してください。現時点でバトゥーキは1,2巻発売中)

以下【第26話、ドロップキック】ネタバレです

【第26話、ドロップキック】ネタバレ

親との再会

涙を流すいっちに父親は

「お前は自分のことだけを考えろ、最初から親でも子でもないんじゃ」

と非情なことを言う。

いっちは

「実の子じゃない私を守ってくれた、だから、今度は私が2人を守るから」

と涙をふきながら決意を固めた。

決戦に向けB.Jのルール解説

「午前0時までだ、今日中に勝つことが出来ねば切断ショーだ」

とB.J。

そして本来は

  • 相手のリサーチ
  • 戦う場所
  • どう戦いにこぎつけるか

を全部自分でやらなければいけないが、今回は初回サービスということで

  • 帰路は河原の土手をよく使うが、人目につくため決戦の場所は人通りの少ない橋の下
  • 戦いが見えるようカメラの設置(本来は自分で?)

もしてくれた。

空手家、甲斐と対面

河原の土手に甲斐が現れ、橋の下に降りる。陰から見ているいっち。

「そろそろ出ておいでよ」

いっちの存在に気づかれている・・!?

と思いきやネコが2匹現れた。

橋の下でいつもネコの世話をしているようだ。

 

いっちは罪悪感を感じていた。しかし2人の親のためにやらないといけない・・!

いっちは決心する。

「ありえない行為やらなきゃ」

するとスマホの録音の音とともに甲斐にむかって不意打ちのドロップキック!

対面する二人。とうとう決戦の時。

 

以上【第26話、ドロップキック】ネタバレでした。

感想

今回のバトゥーキは甲斐との決戦に向けての話でした。戦う場所やリサーチカメラの設置などまで今後はいっちが一人でやらないといけないみたいです。今回はサービスでいろいろ教えてくれえてたみたいですね。

途中「今日は稽古の日だから道場ではるといい」とB.Jが言ってたんですが、なぜか戦う場所が橋の下に設置してあったり、ん?と疑問にもうところがちょこちょこありました。

今回はバトルシーンは最後のドロップキックのみ。なんでドロップキックなんや、空手もカポエイラも練習してたのに。ってことだとは思いますが、次回は空手家甲斐とのバトルとなりそうですね!

次回のバトゥーキも楽しみにしておきましょう!