アニメ版約束のネバーランドの4話のネタバレと感想です!

とにかく今回は子供たちの中にいる内通者を探る動きと発覚が話の中心でした。あとはクローネがめちゃくちゃ怖かったことですねw

あとは漫画と違いエマが女らしいのはとてもポイントが高いです。(完全に個人的意見)また絵もきれいで、漫画よりもすんなり話が入ってきてドキドキしながら見ることができます。

まだ視聴していない方はアマゾンプライムとユーネクストの無料期間を使っで視聴することが可能ですのでテェックしとくといいですよ!

>>Amazon Primeで約束のネバーランドをチェック<<

また、U-NEXTの場合は31日間無料トライアルを利用すると、600ポイントもらうことができます。そのポイントを利用することで約束のネバーランドを1話分無料で視聴することができます。金曜日に見逃し配信を行っています!

>>U-NEXTで約束のネバーランドをチェック<<

 

以下【4話、291045】ネタバレと感想です。

【4話、291045】ネタバレ

ギルダとドンに罠を仕掛ける

前回子供たちの中に内通者(スパイ)がいるという結論を出していたエマ達。

そこでエマ、ノーマン、レイの3人は脱獄に向けて仲間を増やすために、眼鏡をかけた女の子のギルダ、そして褐色の肌のドンに話を打ち明けることに。そしてついでに内通者である場合もあるのでノーマンの提案で罠を張ることにした。

罠とは「脱獄に使うロープの隠し場所を2人に教えること」

しかしギルダには「2階トイレの天井裏」。ドンには「ノーマンのベットの下」と伝える。

そこでだれがどう動くのか、ママにどう話がもれるかで探っていくことに・・。

 

その後ママの部屋にある手紙が届く。内容は「ロープはノーマンのベッドに」

内通者(スパイ)は誰だ?

後日、ノーマンとレイがロープの場所を確認しに行く。

まずは2階のトイレの天井裏。ロープがあった。

次にノーマンのベットの下。ロープがない。

そのときレイが「ドンで決まりだな」と発言する。

するとノーマンが

内通者は君だったんだね、レイ

 

以上が【4話、291045】ネタバレでした。

感想

内通者がレイであることが発覚したところで、第4話の終了という絶妙に次の話が気になる場面でしたね。原作を読んだことがある方は知っていると思いますが、実はノーマンがある仕掛けをしていたんですね。

アニメ版しか見ていない方はどんな仕掛けをしているのか予想すると面白いと思います!

また話の全体像としてはギルダがスパイであるかのような演出、そしてクローネがめちゃくちゃいい味出してます。クローネの動きは見ものですw

また次回5話の約束のネバーランドを楽しみにしておきましょう!